no PORSCHE no Life !

最近の記事
■ アロイ萌え~♪
05/20 05:50
■ 5月20日(金…
05/19 05:50
■ 馬182頭分
05/18 03:56
■ 二歩進んで三歩…
05/17 03:56
■ 仮出所
05/16 03:56
■ お付き合い初め…
05/15 19:54
■ 黄色とか赤とか…
05/09 03:56
■ ガレージにポル…
05/08 19:54
■ 誤算だらけの人…
05/04 09:11
■ 芝生の上が好き
05/01 19:54
■ ノーパン サイ…
04/29 19:54
■ 54スピードス…
04/20 03:56
■ ノーコメント
04/19 19:54
■ オーデマビゲ …
04/17 03:56
■ no トライア…
04/16 09:11
最近のコメント
@バスタブサン…
356 05/19 08:03
ありますよ!差し…
バスタブ 05/17 22:37
@Gmundサン…
356 05/17 19:42
@narrow912…
356 05/17 19:42
仮出所と言う事で、…
Gmund 05/17 16:00
今年もステージですね…
narrow912 05/17 09:45
@T-Photowo…
356 05/16 22:54
@T-Photowo…
356 05/16 22:54
@バスタブさん…
356 05/16 22:48
くれぐれも、タイヤを…
バスタブ 05/16 22:05
こんにちは。Hist…
T-Photoworks 05/15 23:57
@Gサンポル…
356 05/13 08:09
実車がこれだけ並んで…
G 05/12 21:53
@Gmundサン…
356 05/11 07:09
キレイに並べましたね…
Gmund 05/10 18:41
@バスタブさん、…
356 05/10 08:00
>su~様、…
356 05/10 07:57
投稿時刻って、操作で…
su~ 05/10 00:49
地震で、落ちますよ!…
バスタブ 05/09 22:53
スミマセン!!「…
356 05/04 05:11
@バスタブさん1…
356 05/03 23:18
都合が付けば行きたい…
バスタブ 05/03 22:51
@NOBUサンこ…
356 04/30 06:41
初めましてNOBUと…
NOBU 04/27 23:44
@Gmundサン…
356 04/23 00:11
トライバック
■ 旅の想い出
02/10 08:22
■ 携帯 不携帯
02/10 08:17
■ スピードスター…
01/29 22:13
■ ポルシェ 35…
01/27 21:31
■ ユーザー車検 …
01/26 19:47

■ A Sunday Afternoon


久し振りに洗車をしました。
いつ以来でしょう 思い出せません。

洗車をすると雨が降ります。台風です(^^;
蒸しっとした1日でしたが 最高気温は28度。
このまま涼しくなるかと思い気や、明日からまた酷暑日が続くようです。

日が短くなってきました。午後のお茶の後から開始すると ワックスまで掛けられません…

20100907

洗車ミーティング、やりたいですね。
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(3)| トラックバック(0)

■ 禁断の割りピン(^^)


1速2速に入り難くなっていたボクの356

少し左に引っ張り気味に操作すれば 1速も2速もスコっと入ることに気づき、まぁ そんなもんだろと 乗り続けていましたが やはりシフトは絶えず触れる場所、ここのフィールの良さは クルマを走らせるうえで必須です。
ってことで 久方振りにお暇をいただき GGWへ行ってきました。

2年ぶりの御開帳です(^^)

http://356.blog.hobidas.com/archives/day/20080819.html

20100906

シフトが入らないor入る
ココを見ながらゴリゴリグリグリシフトレバーを動かしてみると ホンの少し上に押し上げられるとスムーズにシフトが決まることが判りましたが、経年劣化でそうはさせてくれないようです。

ココをばらして その部品を換えればきっと解決だろうと道筋は判りましたが、オイルと泥で黒光りした機械君達が「オマエには無理」とギロリと睨んでいるようで足が竦みます)^^;。

そんなボクのヘタレ振りを知っているろしなんて君が 禁断の割りピンを引き抜きます。

20100906a

禁断の割りピン、
ボクが名づけました(^^)。
ココ 迂闊に触ると何速にも入らなくなるよ(^^)と以前に先輩に教えて頂いてから 触れてはイケないところと決めています(^^;


で、抜いては挿して 挿しては抜いて 微妙な調整を繰り返します。
経年劣化で遊びが出来過ぎたパーツは主治医の手によって再生され 正しく機能するようになりましたが、ほ~んの一寸のさじ加減で シフトチェンジが出来なかったり、アクセルを戻すとギアが抜けてしまったり…

昨日のブログの写真のとおり、ボクの54SSの真上に もう1台54SSがいましたので、そちらもご開帳して 正し位置を見させていただこうかとも思いましたが 人様のおクルマですし…。

結果、1速2速3速4速 バッチリ入るようになりましたが、ミッションマウントあたり…しっかりと手を入れる時期が近づいているってことでしょうか(っていうか 今?)。

ヤフオクの912 5速ミッションが気になったりしています(^^)。
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 寄る年波

20100710

久しぶりに晴れた土曜日、預けっぱなしになっていたタイヤを356にはめてきました。

クルマ通勤ではなくなりましたので、「ちょっと昼休みに」とか「帰宅ついでに」とかが出来なくなりましたので こういった作業も週末に集中してしまいます。
雨が降れば延期。「戴いたタイヤをお返しするホイルから外し、自分のタイヤと換える」だけの作業が 1か月近く要してしまいました。こうしてますますガレージが欲しくなるのですね(^^)。

20100710a

左リアは「後ろから見ていると怖い、フラフラしている」
と何度か諸先輩方からご指摘いただいておりましたので タイヤのみならずホイルの交換も覚悟しておりましたが、どっこい このホイルは綺麗なものでした。曲がりも歪みもありません。

ところが 当てた事も擦った事もない右フロントのホイルが「コリャ 使えないね」と言われるコンディション。
乗っていて不具合は感じませんでしたが 機械で回してみると素人目にも明らかに波を打っているのが判る。なんで?

居合わせたホイル屋サンに尋ねてみたところ「そりゃ経年劣化でしょ」と至極真っ当なお答え。

センターラインに張り出したキャットを踏んづけたり、ガソリンスタンドや駐車場に入る際に歩道に乗り上げたりといった ホンの一寸の事でも 曲がる可能性は少なくないという。
そりぁ 760キロもの車重が1点にかかる訳ですから なるほどねぇ です。

と言う事は やはり ボディやシャシにも ジワリジワリと劣化が進んでいるんでしょうなぁ…・

見えないだけに 怖いなぁ… ある日突然 ポキリっ と…。

=====

どうでもイイですけど この角度 好きです(*^v^*)

20100710b








修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ そんなバハマ


雨雲の切れ間を縫うように「乾燥走行」してきました。

酷い湿気です。雨水にさらされるよりも この湿気の方が難敵でしょうね。

20100619

ところで ウチの356・・・・

先週の土曜日、この日は カミサンと次男坊を連れて長男坊の草野球観戦に。
Y先輩との朝練で感じた356の調子の良さをさらに体感したく
356に押し込み出発、炎天下。

出発早々「暑い暑い」とブーイング(^^;

「いや、走っていれば涼しいからさぁ」と苦し紛れ。

「あ~ ヒーターが出ているからジャン」と嫁。

「いや、ヒーター壊れていてますから」と受け流すも「いや 確かに出ていますよ」と真顔な嫁。


試しにドライバーサイドの送風口を開いてみると・・・


勢い良く温風が・・・いやむしろ熱風・・・



そんなバハマ(^^;

昨年の夏の終わりにエンジンを積み直して以来 ヒーターは効いていない。

調整を面倒くさがって 防寒着を着込んでひと冬越えたのだ。

が、どうしてこれから夏が始まるって時に効きだすの??


いや、幸せなんですけど・・・

日曜日に出掛けた蒲郡では しっかりと雨に濡れ 寒かったのですが、356に乗り込み走りだした途端 体はあっという間に乾き、汗が出ました。この上ない幸せです。

今晩も 以前のように脛毛が風でなびきました。ありがたいことです。

が、

訳も判らず調子が良いのは何とも座りが悪いです。なんで?


ある日突然 ヒーターが効きだした方(^^) アドバイス お願いいたします。



って、居ないか?














修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 君は人の会話が判るのかい?


君は人の会話が判るのかい?

と、最近 何度もゼニス君に話しかけています。

O/Hしたにもかかわらず、ガソリン漏れを繰り返すウチのゼニス君。

ゼニスはこんなもんだよ と仰る方も少なくありませんが、からっからに乾いたキャブに憧れます。
いえ、車両火災の前科者としましては 憧れなんかではなく義務として なんとかせねば と使命感にあふれています(っていう割にはノンビリしていますが…)。

20100517

見かねたG3先輩が「使っていないゼニスが居るから」とO/Hを済ませ眠らせていた75HP用のゼニスを届けてくださいました(実は強請ったのですが)。
なんとマニフォールド付
なんとリンケージ付
なんとエアクリーナー付
なんと燃料ホース付(^^)。

ありがたいことです。
セッティングはやり直しですが 1から出直し感がいっそ気持良いです。

ところが !! です。

そのゼニス君が手元にやってきてから 今 356におさまっているゼニス君の張り切り様と言ったら !!

峠道をクネクネ走っても、寸でのところで黒煙が出そうなくらいのシフトダウンを繰り返しても、タコが真っ赤に茹で上がる域まで回しても・・・・チョロリとも漏らさないのです。コイツ。何故に。

ずっとこのエンジンにくっ付いていたキャブですから 別れたくないのでしょうか。
まだまだ若いもんには負けんぜよと 言わんばかりの奮闘ブリ…・
こちらとしては まぁ ありがたい話ですが、なにせ理由が判らないので 少々 気持が悪い。

と言う訳で しばらく様子見です。

G3サン、ありがとうございます。

20100517a

この日 G3サンは89ターボで登場。

356のプリッとしたお尻も可愛いですけど 930ターボのこのケツもたまりませんなぁ・・・

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 悪巧み (^皿^)


20100514










205 → 130 ヒトデ型のアダプターをドラムに取り付ける時のトルクと そのアダプターにアロイを取り付ける時のトルク ・・・・

ご存知の方 教えて下さい m(_)m

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 君、付き合いイイなぁ


356とタップリ遊んだ週末も終わり、さぁ 今週もヤルゾと職場へ向かう月曜日 by オペル356

に 警告灯が。

またか…

20100419

触媒警告灯 って奴だけど・・・・ブルブルっとエンジンが震えていたので・・・


プラグ程度の話で終わってくれぇ・・・って、プラグのすったもんだも356だけでイインダケドなぁ…。

とりあえず通勤途中のヤ○セは月曜休みでしたが 置いてきました。

20100419a

今のヤ○セには珍しい1台も入場中。

並べてみると 小さいのね。



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 356と戯れる土曜午後


土曜日、久しぶりに356と戯れました。

ウチの356、どうにも「愚図ついた感」が否めず シェブロン先輩のアドバイスもあり まずはエアークリーナーや燃料フィルターを怪しんでみました。

20100417d

何年前に換えたのか記憶にないほどの燃料フィルターですが、これっぽっちのカスも現れず無罪放免。

20100417e

折角ですので 少し格好良いフィルターに換えてみました。スッキリ。

外したついでに日頃は手が届かない燃料ポンプの奥も増し締め。

エアークリーナーも綺麗なモンでした。これは比較的最近交換した記憶があります。

まぁ しかし、せっせとブログに「修理日記」などと綴っていますが、フィルターなどの交換時期を記録していない所がトホホです。

====

フィルターからどっさりとゴミが出てきて「あぁ、コイツが犯人だ。一件落着」となることを期待していましたが、誰も彼もがシロとなると…。

ポイントやプラグなどは交換したばかり、バルブクリアランスもキッチリと合わせて貰ったばかり…

プラグコードは何年選手か知りませんが、差し込み口などはピカピカ。デスビキャップも綺麗なモンでした・・・。

ホンの少しだけ点火時期を早めたおかげで 低回転時の愚図つきは解消されましたが 走りっぷりはどうもイマイチ…。

十分に調子がヨロシイ と諸先輩方は仰いますが…

「もっと調子がイイ時を知っているモン」

と、珍しく妥協しないボクでした(^v^)。

いよいよ…キャブですね。ハイ、キャブです。きっとコイツだろうと 判ってはいるのですが…出来れば触りたくない。
「耳を頼りに」なんて芸当100年経ってもできそもナイ。

あぁ でもまぁ・・・・とアイドルジェットだけでも抜き取りお掃除。
こんな事で調子良くなると良いなぁ なんて淡い期待は裏切られ なんだか訳が判らなくなってきましたよ。

356を前に途方に暮れるいつもの後ろ姿をコンバチD先輩がパシャり。

20100417g

例によって見かねた主治医がクリクリとキャブの調整を。

おっ、みるみる音が変わっていくゾ。

おっ! おっ!! おぉ~っ!!


つづく
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ あ、思い出した


落っことしたプラグを拾い上げ「やったぜ オイ!!」と諸手を挙げて喜び 走り回って来ました。

20100409


で、


気付きました。



そうそう、何だか調子が悪くってプラグを外したんだ。



で、落として


凹んで


奮い立って(^^)


くねくねマグネット買って


マグネット付きプラグソケット買って


拾って


戻して


喜んで


走って


気付きました。


この過程では 調子の悪さは解消されないって事を (^^;

何の解決にも至っていないって事を。

アホですね。アホ。

=====

プラグは4本とも こんがりキツネ色。

ポイント&コンデンサーは新品交換したばかり・・・


すっきりした音じゃないんだよなぁ…

かぶっている訳でもないんだけど 吹けが悪い・・・。


ふーっ。




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ I LOVE Magnet !


20100408

おっぱいポロリから数日・・・

ありがたい道具のおかげで プラグ 救出です。

プラグホールにクネクネマグネットを差し込んだ瞬間 ピタっとあたりが来ました。2秒。

拾い上げたプラグをマグネット付きプラグレンチでクルクルクルッとプラグを差し込み完了。15秒・・・。

素晴らしい。アイラブ磁石。

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ 日曜 昼下がり


日曜日の昼下がり、356を引き取って来ました。

20100208

エンジン不発の犯人は 主治医の目論見通りポイント

見た途端「接点が荒れてるねぇ」と。

「荒れたって事はコイツも怪しいねぇ」

とコンデンサーも交換。


で、あっさり掛かったらしい (^^;


ムムムっ、 クヤシーぞ(>_<)。

空冷4発歴25年。全焼1回 ブロー1回の前科2犯ですが、それ以外の「かからない」原因は 殆どこの辺に集まっていると学習した筈なのに。

ローターの接点が粉吹いていたり、デスビキャップが緩緩だったり、プラグコードが20年選手だったり、コイルから1本抜いたら掛かったり…、そんな過去の経験から学び、 絶対犯人はこの中に居る(除く焼付き)と犯人探しに躍起になったのに

…結果

…見逃している。


ポイントは その昔「ここに違いない」と知った顔して外し、接点を削ったまでは良かったけど どうにも点火時期が合わず 皆に置いて行かれたat浜名湖パルパル
という苦い思い出もあり 外すのに躊躇いがちなのも事実。

ウーン、25年間 成長ナシか…

=====

バッテリーが欠品中でしたので 結局2週間振りのご対面。

「エンジン掛けるの鈴鹿以来」って 日にバッテリーが逝ったって事は 走り回るのは3週間振り!!

さっそく この日 朝から悪だくみをしている赤の軍団のところへ試乗を兼ねてGo!!

つづくのだ



修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ ちぢむ…


ちぢむ

と聞くと おちんちん(^^) か?



ろしなんてサンからの報告によると うちの356、エンジンオーバーホール後 最初の点検で指摘された点は バルブクリアランス。

20100128


エキゾースト、インテーク共に えらく縮んでいるそうだ。
隙間がなくなっちゃってる、って。

「踏み過ぎ」な方の運転による症状らしい。

が まぁ 均等にちぢんでいるのでイインじゃないの?

なんて 投げやりな? 慰めの言葉を頂きました(^^;



ポイントとコンデンサーを交換し、さぁ コレからって時に やはりバッテリーはダメでした。

新品も何年間も放っておくとアカンようです。
充電しても比重が上がらない ゼンゼン。

キチンと保管しておくべきでした。
納屋に置きっぱなしじゃダメなのね…。

と言う訳で またまたFLAT4サンから66ahだけど雰囲気のあるタートップバッテリーを買う事になるのだが・・・・そのプライス


26,500円 !!

ニマンロクセンゴヒャクエン・・・・


12Vだと量販店で3,980円・・・


2年に1回3万円のバッテリーを買い続ける


と言う事はだな…


12Vに


しちゃいなさいという


お告げか!?


神の!?


いや

もうすぐ車検だし・・・・


車検てことは


保険も来るし・・・


モジモジモジ…

モジモジ…





修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(12)| トラックバック(0)

■ 謹賀新年?


エンジンオーバーホール後の初期点検を!!
しなくてはイケないボクの356ですが 調子ヨロシイと ついつい入場させるタイミングを逸してしまいます。
オモチャを取り上げられたくない子供と一緒です。ずっと遊んでいたい。
とうとう越年してしまいました(^^;


お年賀にも伺わず…

せっかくお誘いいただいたご子息の披露宴にも不参加と 不義理の限りを尽くしたボク…

2010年 最初の主治医訪問は





…積車で登場です。ガチョーン(^^;

20100125

先々週末、鈴鹿から気持ち良く帰宅しガレージに戻しましたが、数日後出勤しようとイグニションを捻るもウンともスンともアンともイイマセン。
お馴染みのバッテリーあがりです。あがるタームが短くなってきました。

短縮ダイヤル1番に登録してあるJAF様に救援を依頼しブースターで繋ぐも・・・

いつもは12Vにビックリ仰天してブルルンと始動するのですが(真似しちゃダメですよ)、この日はセルは回れど爆発せず…。
いや爆発しかかるんですが継続せず。
かぶったか?
ガス欠か?
はぁ…JAFのオニーサンも困り顔・・・。


燃料ポンプが逝ったか?
鈴鹿から全力疾走で帰って来たので…まさかまさかのブロー????
と まぁ 悪い方悪い方へ考えるオトコは まぁ まずは運んじゃえ!! と積車に積み込みました。


キャブへは「溢れんばかりに」燃料は来ているし…怪しいのはコイツ。

20100125a

スペアバッテリーを探しに実家の倉庫をゴソゴソしていたら セルモーター、デスビ、ジェネレーター、ダイナモ、プラグコード、コイルそして燃料ポンプと、まるで今回のトラブルを見越したかのようなストック(^^)。
これらは持っている事を忘れていたので 見つけた時は大喜びしました。

が、

ポイントだけが何故か見つからず(使ったら補充しようね)、結果は持ち越し。


あぁ これ位の事で済んだらいいなぁ、また皆に「大げさだなぁ ポイント交換で積車かよ」と笑われるけど…。
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 感謝の気持ちをどう表現したら…


ナビで調べたらその距離12.6キロ、

電話のオネーサンが言うには14キロ弱、

実際に走ってみたところ13キロチョイ。

いずれにせよ・・・・


















15キロまではタダ。









ありがとう JAF ありがとう






20100124

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ オツカレサン


20100123

前回の車検の際に積み換えましたので まだ2年も経っていないのですが どうやらご臨終のようです。


6V84ahという 356本来のサイズだから

と言うよりは なんとも雰囲気のある古ぼけた顔立ちだから好きだったこのバッテリー…

イロイロありました。思い出深いコイツです。オツカレサマでした。



で、

20100123a

3年前に S90のN先輩から頂いた ボッシュの新品バッテリーを実家の物置から引っ張り出してきました。まずはコイツを試してみます。生きているとイイなぁ…


356を購入した際、クルマ屋サンが新品に換えて納車して下さったんだけど、その時のバッテリーも確か 最初の車検で交換したなぁ…。



バッテリー…2年限界説???

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ 緩緩


ここのユルユルは直らんモンなんでしょうか。

20100105

今までは前だけを見て走っていましたので ガタついて斜めになって見えなくても気にしなかったミラーですが、最近、後ろを気にしないとイケナイ事情ができ困っています。

ウインクミラーとかって、もう販売していないのかなぁ…

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ バッテリーはビンビンだぜぇ♪


18の時に買った最初のビートルは71年型。2台目は68年。その次が356クーペだけど、これは12Vだった。

ので、振り返ってみると そう言えば 6V車ってのは この54スピードスターが初めて。

購入して4年、一切のストレスナシ。
人が言う程 ライトも暗くないし、電子デバイスは付けないし、まぁ ブレーキ踏んでも気づいて貰えなくて掘られそうになったりしてドキドキしたりはするけど…もちろんバッテリーあがりなんて1度もナシ。

もう「Iラブ6Vold」だったので、この度のウニウニウニにはチョッとショック。


で、あの日、

まずはブースターケーブルを買ってくるかと立ち上がるも
待てよ、電気を貰う相手は12V。
エンジンが掛かったらブースターケーブルをパッと外したいから、独りでやるよりはもう1人欲しいなぁ…

さて何方が来て下さるかなぁ、

とケータイの電話帳を開いて 大事な人を思い出しました。



そう その名はJAF !!

昔は平気で呼びつけて プラグ磨いて貰ったり押し掛けして貰ったりしてたけど 最近はトンとご無沙汰で。何だかバッテリーあがり位でお呼び立てするのは申し訳ないなぁ・・・

20091206

快く駆け付けてくれたJAFのオニーサン見立てでは 完全に放電し切っちゃってる(3.6V)けど 漏電はナシ。

じゃぁ エンジン掛けましょうかと12Vと6Vをケーブルでつないで驚いた。

パイロットランプが眩しい!

コレが12Vか!!

もうイワユル「バッテリーはビンビンだぜぇ」の世界。

イグニションキーに手を触れただけで キュルキュルドカーンとエンジンが目覚める。

スゲー(^^)。

眠気眼を開いてみると目の前で藤原紀香が裸で寝ていてビックラこいて飛び起きた って感じ。もうビンビン(^^)。

700回転だと充電していないけど、2,000回転まで上げれば7.6V 25.4A って数値が出ているので まぁ 普通充電しなくちゃいけないところだけど 怠けて まずは走って来ますワ!

と JAFサンに丁寧にお礼を述べお見送りをし、コートを取りに戻ったら、その間に


あ、ストンと墜ちました。アイドリングじゃ充電しないって 今 聞いたばかりなのに…

ゴメン


20091206a

1時間の間に2回もJAFを呼ぶ人は居ないですね。スミマセン。


今度はとっとと乗り込み、さっそくグルリグルリと環状線にて蓄電走行です。

これでしばらくは持ちそうだけど、あの12Vが流れた瞬間のパワーは忘れられないなぁ…12Vかぁ


ボーナス 出ないかなぁ・・・
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 55歳


12月1日はポルシェ車体番号80120の誕生日。
1954年型だから、御歳55歳か。ゾロ目。

12歳のブラックエンペラーの頃から 誰かの誕生日には集まって走るという慣わしが染み付いているので(ウソ)、さてこの日はどうするか?

とオフィスの外を眺めていた昼下がり、Gmund氏よりピロピロピーンと着信アリ。
聞けば 不具合修理が完了し、この日 GGWまで356を引き上げに行くと言う。

おぉ それならば 「その後 環状線あたりをグルリと1周いかがですか」「ハイハイ カイリョ~ じゃぁ ギロッポンでぇ」なんて事で 仕事をとっとと放り投げ 家族が目を丸くする程の時間に帰宅。


先週末は乗っていないので あぁ 10日振り位かなぁ と356に乗り込み キーを捻る。
と、なんとも頼りのないウニウニウニ…としか回らないセル。

ウニウニウニ…ウニウニ…ウニ…ウ…チーン。

パイロットランプまで消えました。
「イャーン こんなの初めてぇ!」。
バッテリーあがりなんてここ数年経験していません。
この356では1度もナシ。前の55クーペも記憶にないなぁ…。

まずはGmund氏にTEL「と言う訳で 少し遅れます」と。電話の向こうで皆の大笑いが聞こえる。


10日であがっちゃアカンだろうとブツブツ言いながらブースターケーブルを探す、が、ナイ。

VWの頃から 「弁当忘れてもブースターケーブル忘れるな」ってくらい 常時積んである代物だったのに…
あぁ、356と一緒に燃えちゃったのが最後だなぁ…

と思い出し 今一度Gmund氏にTEL「ブースターありませんでしたワ」と。電話の向こうで皆の大笑いが聞こえる。


独り押し掛けするガッツはなく さて・・・・
あ、新品バッテリーを確か持っているゾ!

と思い出しGmundサンにTEL「そう言う訳で載せ換えて参ります」と言いながら気付いた、あ、実家だ アレ、と。

電話の向こうで皆の大笑いが聞こえる。


「と言う訳で 今日は寝ますワ」とTELを切る。

電話の向こうで皆の大笑いが続く…。



行ったのかなぁ みんな…。



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ RE: ショートするバッテリーカバー


有名な山五郎さんのブログで、誰かサンの356の悩めるトラブルとその原因が解説されていました。

20091013a

未だにネタを提供してしまう事を恥ながらも、現場で「これが原因じゃなかろうか?」と皆で ひとつ結論付けていた個所を「そうです そこが犯人です」と大先生にハッキリと特定いただき、スッキリ満足してしまったりしております(^^)。

「これが原因ってことは ある意味欠陥ジャン」
「だからB以降改良されたんだ きっと」

なんて話も現場ではしており、なんだかスゴクPORSCHE社の歴史を紐解いてしまったような勘違いをしたりもしています。

?

巧く書けませんが・・・・

モデルチェンジした際には どうしてその個所を変えたのか?
って事に興味を持ってみたりしますが、割と
「アメリカの排ガス規制に適合するために」とか
「アメリカの安全基準を満たすために」なんて程度のものしか記憶になく、
たとえば フロントに重りを積んでバランスを整えたとか プジョーに叱られたから911になったとか みたいな チョッとしたこぼれ話的なのを沢山知りたいボクとしては
このバッテリーカバーのスプリングは出火の一因となるため見直された なんて事も 「ほぉ」 と 感心する話だったりする訳で…

違うなぁ…こんな話を綴ろうと始めた今日のブログじゃないなぁ…

そう、1番言いたいのは やはり 故障やトラブルの原因が何だったのか?を知ることが出来るって、すごく嬉しいくて ありがたい事なのだ という話。

何で火が出たのか? 何でオイルが漏れるのか? 何でキャブからガソリンが? 何で片方だけライトが暗いのか? 何でウインカーレバーが緩々なのか? 何で何で何で どしてどしてどうしてぇ~

「古いクルマだからそういうもんだ」的な回答が多い中、こうしてキッチリと回答を示してくれる環境がこのクラブにはあるって事が 幸せの極みである。
惜しげもなく経験や知識をフィードバックしていただけ 感謝感謝であーる。




ま、その割にはワタクシ 失敗を繰り返しますが…



よく判らんブログですね、今日。

要するに356クラブ万歳ですよ(^皿^)。

あ、年会費か? そろそろ・・・





修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ ぴょーん、って。





片側一車線の道路で縦列駐車するってのは勇気が要ります。

モタモタすれば後続車達に迷惑をかけますから。後続車が居る場合は駐車を避けるのがマナーかも知れませんね。

でも ワタクシ 縦列駐車 得意です。

スーッとスペースを通り越し ささっとバックで[しかも1発]で停め 「いや~ん ステキ」と言わせた事は1度や2度じゃ・・・

後ろにクルマが続く場合は スペースを見つけても諦めて素通りするタイプですが、この日は頭から突っ込んでも楽~に停められる程のスペースを発見。

が、「いや~ん」と言わせたいからか バックで入れようと ブレーキを踏みクルマを止め、ロックボタンを押しDレンジからRレンジに入れようとしたその時 親指サムが滑り ピヨーンって・・・







一体全体 何が起こったのか判りませんでした。


シフトはNに入ったまま動かず…動かずというより 動かしようがなく…




ぴよーんって、シフトロックの頭が飛んでいってしまったのです。ぴょーんって(^^;

20091103


あれよあれよと後ろにクルマが列をなし、ピッピコピッピコ 鳴らされ あぁ ゴメンナサイでした。


幸いにして356ではありませんので ハザードなるものがあり 非常なのか異常なのかとにかく尋常じゃないことは後続車にも伝わり 避けるように追い抜いていってくださいました、罵声と捨て台詞と共に。


=====

「シフトレバーごとアッセンブリー交換です」
と聞いていましたのでビビっていましたが、芽出度く必要パーツ 1,365円の交換だけで済み フー ヤレヤレです。

20091103a

しかし あっちのクルマもこっちのクルマもイロイロあります。




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(12)| トラックバック(0)

■ PUNK'S not DEAD


何故か左後ろばかりパンクするウチのオペル356…

スペアを取り出してみて思い出しました。あ、スペアもこの前パンクしたんだ、と。

と言う訳で 季節外れのスタッドレスタイヤを履いてしのいでいましたが、そんな生活をいつまでも続ける訳には参らず 交換です。

今まではディーラーに突っ込んでいましたが、お値引きしてくださっているとはいえ コンチネンタルを買い続ける財力も無く(^^; 格安タイヤを量販店とかネットで探します。

ま、極端に古古のタイヤでなければ 問題ないだろうということで ブリジストン(ダンロップだったかな?)だかの海外で作られた海外向けのタイヤをサイズと製造年だけチェックして購入。
その安さに驚きました。製造コストはいくらなんだろうか・・・

真新しいタイヤに履き換えて 最初に何をしたかと言うと まずはカレラを積んで

20091011a

パンク修理です。

20091011b

ウチのカレラはオニューに履き換えた途端パンク。
乗る機会がなかったのでそのままにしていましたが、パンク修理ついでにパンク修理へ行ってきました。

と言う訳で、パンク三昧でまた休日が1日終わってしまったとさ。


=====

タイヤと言えばウチの356。

356ホリデーで後ろを走る方々からリムの曲がりを指摘されました。
タイヤがヘロヘロクエクネして見えるそうです。
自分では見れないので「そんなはずはない」なんて根拠もなくたかをくくっていますが それが命取りですね。

叱られる前にSサンから譲っていただく予定のリムに デブ早サンから譲っていただいたSRを履こう。って頂き物ばかりですね。
今履いているヨーロピアングッドイヤーもAサンがSSから外したもの。
356クラブ中部には喜捨の制度があるようです。

ありがとうございます。

====

タイヤ交換しに古くからの友人が勤めるタイヤ屋まで行って思い出しました。
社用車スマートのタイヤもアルファードのスタッドレスもネットで買って、ここで交換。
「ウチで買えよ たまには」と叱られましたが、そういえば1度も買ったことがないぞココで。いつも持ち込み。ゴメン(^^;

20091011

ごく一般的な「街のタイヤ屋」なんだけど、何故だかミシュランとパイプがあり、HRをたまにゴッソリ持っていたりする不思議ちゃんです。
価格急騰しちゃったHRだけど、何時か買うからね。

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 6.5番


>この先のナラシに拍車がかかりそうです。

な~んてくだりで昨日のブログを〆ましたが その後はあいにくの雨続き。乗れずにおります。

いや、雨でも乗ればイイのですが、先週の日曜日 5か月ぶりに洗車をし、「フーッやれやれ」状態ですので、ホリデーまで汚したくはないなぁ と二の足を踏んでいるヘタレです。


20091001a

ま、ホリデー当日は深夜走行で現地へ向かいますので 虫クン バチバチ、到着の頃にはスッカリと汚れるでしょうから、今夜もとっとと走りに行けばイイのでしょうけど

…決算月の月末月初、そうは問屋が卸しません。



600kmのナラシ走行を終え オイルを換えた際には モチロン プラグもチェックしました。
見た感じ「フム、よしよし」な焼け具合でしたが、主治医からは「コッチにしてみて」とBOSCHを渡されました。W8AC。

20091001

NGKの6番から7番に換えた際に感じた劇的な「軽さ」に惚れ込んでいましたので、換えたくないなぁとの思いもありながら、
このBOCSHのパッケージに躍る「SUPER」と言う文字に魅かれ トライしてみました。
主治医が言うにはNGKの6番と7番の間、6.5番って感じかなぁ とのこと。

ボクが7番から6.5番に換えているすぐ横で コンバチDのM先輩は6番から7番への交換を奨められていました。個体差があるのね(^^)。

で、この6.5番に換えてから 実は市内をボソボソと走るだけのここ数日でして、なんだかモヤモヤしています。
うーん、SUPER君 どうなのよ !?
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ あそび8


連日の深夜徘徊のお蔭で 356ホリデー前に600キロを走り終え、主治医のところへオイル交換に向かう時間もできました。

抜けて落ちてくるオイルは なにせ600キロしか使用しておりませんので ヌルヌルテカテカ(^^)、
貧乏症のボクですから とてもモッタイナイ気がして、もう1度入れようかとも思いました。
こんなゼータク初めて(^^)。

もっと鉄粉とか混じっているのかなとも思いましたが キレイでした。
ので、よりモッタイナイ感に拍車がかかります。ケチ。


この日のメインイベントはオイルではなくてペダル。

356のアクセルペダルの付け根 裏側にはスプリングがついているのですが、ボクのそれは途中でポキリと折れており、正しく機能していませんでした (これまで知りませんでしたが…^^;)。

さっそくドナー号のアクセルペダルを頂戴し解体、ウチの子に無事流用、したまでは良かったのですが、
それまではバネの効いていない状態でケーブルの調整がされていたので、
この度 ビンビンに張りのあるスプリングを用いたことにより アクセルペダルがググーンと前方に張り出してしまいました。

アクセルペダルを踏むと 遊びが8、踏みしろが2といった感じ。

それが納車当日の話。
その日は調整する時間もなく そのまま連れ帰り、ナラシの600キロ間はこのペダルで走っていたのです。
ま、慣れの世界ですので運転に支障はありませんでしたが、
なにしろ遊びが大半を占めるペダルですのでレスポンス感は悪く、
よって折角丹精込めて組んで下さった主治医チームに
「調子はどうだい?」と気に掛けていただいた時も
「えぇ まぁ なんとか」と愛想のナイ返事をしてしまう羽目となったのです(^^;


このまま慣れてしまうのも何だかポルシェに申し訳がないので、
それにヒール&トゥーもし難いので(しませんが^^;)、苦手な調整にチャレンジ。

あーでもないこーでもない姿はGGWのHPで(^^)ご覧いただけますが、
前へ後ろへ下へ潜り 例によってろしなんてサンを巻き込んでなんとか完了。
それまでなかったペダルストッパーも設け ベタ踏み厳禁仕様と相成りました(^^)。

20090927

足の重みの分で遊びが終わり そこからググっと踏みこめる 理想的な配置となり、この先のナラシに拍車がかかりそうです。

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 夜の広小路通り


GmundサンがHRを手に入れたとか、オークションに出ている16インチをどうするかとか、タイヤ絡みでイロイロ楽しい話が続く中…








20090924

チーン。

何故だか左の後ろばかりパンクする。確かもう4本目だぜ・・・・


修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ a Sunday Morning


子供のお迎え 11am までは自由時間、

と ありがたいお言葉を頂戴したので、
あんなことや こんなことや そんなことがしたく、主治医宅へと駆け付ける。

20090921
C)ろしなんてサン

限れた短い時間を最大限有効に活用すべく 朝1番に到着。
した筈だったが、そこには既に1日で600キロの慣らし運転を終え、次の400キロを走るべくオイル交換に勤しむK先輩が。

聞けば 乳飲み子とスイミングに出かけ、食事も与え、家庭サービスを滞りなくすませての600キロという。スバラシイ。

そしてKサンは コチラが朝のコーヒー呑み始める前には既に コンバチD仲間のMサンが待つ北へと向かった。

すれ違いにS先輩のカブリオレが車検場から戻ってきた。
惜しい、タッチの差。もう少し早ければ コンバチD、カブリオ、ロードスターそしてスピードスターと 356屋根ナシカルテットinRED、4台揃い踏みで1枚撮ろうなんて企みもあったのに…

なんて余所事を考えながらの作業は 遅々として進まず モタモタノロノロ振りを露呈していると 気づけば昼下がり。

Gmund号がオイル交換に入場すると、ひとっ走り終えたMサンも登場。赤4台の午前中とは替わり トリオTHE信号の出来上がり。

20090921a

あはは、こりゃイイやなんて パチリと1枚。なんてことばかり繰り返していては 手は進まんわな。今日はアクセルペダル裏をグリスアップしてオシマイ(^^;


そんなホリデーまで あと2週間をきった ある日曜日のレポートでした。

みなさん、準備 進んでいますか !?


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ Low Bow Top


Newエンジンをインストールし、キャブなどセッティングを完了したコンバーチブルDで K己先輩はナラシ運転に出発した。「まずは600キロでオイル交換ね」と。

そして「今 330マイルだよ」とTEL。

えっ? 600キロって1日でですか

ずっとグルグル走っているらしい

=====

コンバーチブルD、56カブリオレ、ロードスターと赤の屋根ナシ356が1つ屋根の下な主治医宅。

美しいツイングリルの先に視線を移すとそこにはもう1台の赤い屋根ナシが。

20090920


おや? 昨日までの2台と比べ 屋根が低いぞ?

と近づいてみると これは

20090920a

おぉ スピードスターじゃありませんか

そして このヤレ具合と暗いところでは綺麗に見えるその姿は、まさしくウチの子。おぉ 久しぶり

そして

ひょっとして、いやまさか、でもきっと・・・・と覗いてみるとそこには






エ エンジンが

20090920b




ということは、ということはだな・・・






つづく

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ 356ホリデーまであと1カ月 !!


356ホリデーまであと1カ月

ホリデーが近付くとエンジン周り 色を塗りたくなります(^^;

Y先輩のNEWエンジン、そろそろインストールのご様子。

20090904

こんな綺麗なエンジンを観てしまうと あぁ やりたくなりますなぁ パウダーコート。

===

コンナ手もありますよ と ろしなんてサンが教えてくれる。

20090904a

2つ並べてしまうとパウダーコートとの差は判ってしまうが、十分通用するのではないか パウダーコートLOOK !!

20090904b


・・・・・ホリデーまであと 30日


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 梅雨入り間近



20090611

本格的な雨の1日から一夜明け、今日は爽快な青空が広がっています。ふーっ。

雨はダメです。雨は困ります。

何故って、ウチのオペル356、今週頭から エアコンのスイッチを入れても 生暖かい風しか出てこないのです(^^;

朝晩の通勤にしか使っていませんので、今の時期、窓を開けて走れば辛うじてエアコンレスでも大丈夫。

なので、窓を開けられない雨はダメです。サウナです。

そう、オペル356、また壊れたのです(^^;

先日は 泣き続けていたブレーキパッドを交換。納税も済ませ、今月末には車検と、かさむ出費も厭わないのは、謎のエンストがEGRバルブ交換で終息し、しばらくは安心して乗れるだろうと見込んでいたから。

なのに エアコンが…。ふーっ。

356ならエアコンなしで全然平気なのに、オペルだとアカンのはなぜだろう・・・


修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ Life is Beautiful


356の下にもぐってゴソゴソと作業を進めていると色んな発見がある。

シッカリと取り付けてあるマフラーを外そうと木槌で叩く。そのまま叩くと凹むので 当て木をする。まず右側。コンコンコンコン ポン ハイ 外れた。次 左側。
えっ?? 右側で使った当て木が左側は入らないゾ!?。 クリアランスが違うのだ !! おかしい?? ってことは エンジンが曲がって付いているのか !? と蒼い顔して主治医に訪ねる。

呆れ返られる。パイプの長さは違うのだ。

FLAT4、水平対抗って言葉から 何もかも左右対称に構成されていると思い込んでいる節がある。ありえない。アホだ。エンジンの作りすらすら知らないエセ356乗り(^^;

「アホですね」 と反省を口にしながらも 再び356の下にもぐり込むと 独りエンジンを見上げ、少し賢くなった気になりニヤつく。「へー そうなんだぁ」と。

20090506

でも こんな事で嬉しくなっていてもアカンなぁ・・・。成長してないなぁ・・・。
自問を繰り返しながら エンジンをストリップしていく・・・。

あぁ ポルシェ、しっかり造ってあるなぁ・・・と感心しながらも バラセばバラス程に取り返しのつかないことをしているような気がしてならない。

あぁ でも止められない とまらない。

ヌルっとしたオイルに包れたパーツを1つまた1つ取り出していく行為は快楽以外の何者でもない。あのテカリはエロだ。まさしく究極のポルシェライフ? 「イヤーン コンナのはじめてー」。エンジンケースのど真ん中、左右貫きがっちり結ぶタイボルトをスーッと抜き、ケースを開いたその瞬間に1つのピークを迎える。昇天。

20090506a

20090506b

家族サービスを放棄して・・・。オレはコレでイイのか? 家族は幸せなのか・・・こんな事を繰り返していてイイのだろうか・・・

と 小休止でRose&Bar のレストルームへ・・・

「やっちまった・・・」

こけた頬、窪んだ目、汚い髭・・・鏡に映るその顔は後悔の念で一杯か?? こんな人生でいいのか・・・No PORSCHE No Life ! なんて戯言か・・・










重いため息をつき用を足そうと一歩前へ出ると ついさっき見たキャップナットが そこに。

20090506c

エンジンケースを貫くタイボルトをスーッと抜く作業は「取り返しのつかない」行為の集大成。清水の舞台から飛び降りるが如くの精神状態で手を伸ばしたのに!!

便座だぜ (^^) 抜けた。抜けた。気も抜けた。突き抜けた。

そう、これでイイのだ。41歳の春だから(^^) アハハ!! 磨くよ 今週末も !!
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 命名 Four-cam Oink Oink (^^)


とうとう開封した。

20090418

門外不出のタカラモノ(^^)。

その昔、オーストリア銀行が顧客に配ったノベルティ ブタサンの貯金箱

20090418a

は、Design by F.A.PORSCHE !! ブーブー。


この貯金箱にコツコツ貯めるよりは この貯金箱自体を新品未開封状態で保管しプレミアのついたころに売っ掃った方が 利回りが良いだろうとの不埒な考えから ずっとオーストリアから届いたままの姿で居たが・・・・。

訳あって貯金を始めた。今さらながら。

買うぞ 4カムエンジン(^^)。

チャリーン。まずは今日の500円・・・。

22世紀になるなぁ・・・

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ 感無量(^^)


今さらながらETC車載器搭載である。

モチロン アシグルマにも社用車にもETCは取り付けてあるので その便利さは充分に判っていた。

左ハンドルで、窓が差し込み式のクルマに乗っているヤツこそ とっとと取り付けるべきだとも知っていた。

ツーリングに出掛けるたびにETC車載済の諸先輩方を 料金所でお待たせしていたことも申し訳なく思っていた。

6V車で12V部品を動かすためのパーツを提供してくれた友人にも恵まれた。

1日も早くつけるべきである。

取り付けない理由などないのである。

が、怖かったのであーる。あの ヒューズボックス辺りをゴニョゴニョいぢるのが・・・・

が、こう世の中ETCETCと言われると、そして日に日に店頭からETCが消えていくのを見ると、なんだかとても 今すぐ買わんとアカン的感情に陥り・・・・

ネクスコ中日本のカードを申し込めばタダだって知っても、
価格ドットコムで最安値を見つけ出しても、アカン、今すぐ欲しい(^^) !となって オー○バックスだヤマダ電機だと買いに走る。今日欲しい、今欲しい、とっとと欲しい。

機能的にはデンソー製品で充分であったが、「こっちの方が配線簡単でっせ」と言われれば、あらま ありがとう と 2,500円高い ミツビシ製を買ってしまう。通行料が安くなっても こういう買い方をしていては アカンやろ。

が、フタを開けてみて安心。ホント 簡単なのだ。猿でもできる。


筈だったが どうやら 猿以下らしい ボクは。

配線図通り繋げても 何も喋ってくれない・・・

マイミクシ ろしなんてサンを付き合わせ(というか ろしなんてサンにやらせ)、測ってみるが チャンと12Vが入ってきて 6Vが出て行く。

でも ETCは何も語ってくれない。
電源が入らない。
オカシイ、不良品か!?

とあらぬ疑いをかけるも、よーく見てみると 薄っすらと明かりらしきモノが。
そして電源をオフにしてみると とてもチカラのないボリュームで ピロロロロロ と電源が落ちる音がする。

そう、電源は入っていたのだ。
要は 電流が足りないのだ。

と 空ぶかしをしてみると 心なしか 電気の点きがイイ。
ヨーシ ETCゲートは回転上げて通過するぞ! と 半分本気で思ったけど・・・・

ETCぽっちが動かないほど いろんなところで電気 喰われてるんだなぁ この 356・・・

って事で 無駄な配線をこの際 一気に処分するか、バッテリーから直接電気を貰うかの二者択一となり、正解はどちらか知っているクセにバッテリーから配線を引くことに・・・。
あぁ 結局 安い方の機器で良かったのに とか言わないの (^^;

不本意ながら ETCにスイッチを設けてしまいました。
が、主治医がゴソゴソ引き出しから取り出してくれたスイッチが これまた 54SSにピッタリなポルシェ純正パーツ (^^)。
スイッチの増設を嫌っていたくせに 素敵なスイッチだと着けたくなるから不思議。
最新機器と50年以上前のスイッチ。笑っちゃう組み合わせ。

20090316

と 言う訳で 開始から約7時間かけ ETC取り付け完了。モタモタやってるね 相変わらず。


ラジオやシガーライターなど電子デバイスなど何もないSSでしたので、ETC器電源が青く光るだけで とてもゴージャスなクルマに思えてしまう。
そしてそいつが喋ろうモンなら もう 狂喜乱舞。スゲー なんだか クルマみたいだ (^^)。



感無量 !! ありがとう ろしなんてサン q=(^0^)=p



修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 100マイルクラブ


懲りずにプラグネタです。

先回の「クルマガカワイソウ」なプラグの写真から約3ヶ月、距離にして2,000キロ、プラグを診てみました。

20090217

怖くて写真は載せられませんが(^^;
まぁ こんなモンじゃないの?? って 感じ。

夜には「100マイルクラブ」があるので、主治医の奨めで

20090217a

7番に替えてみました。

が、100マイル走っても 違いはワカランかったです。
とりあえず 5,000まで回しても白煙は吹かんかったなと。

フツーは違いを感じるモノなのでしょうか?

ボクが判ったのは 主治医のほうが買い物上手ってこと(^^)。

20090217b

6番@387円は356のトランクから、7番@300円は主治医の引き出しから(^^)。

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(10)| トラックバック(0)

■ Something tells me this is NOT good


君はどこから来たのかな?

いつの間にそんなところに来たのかな?

君がここに居るってことは いつも君とくっ付いていた子が2人は居るはずなんだけど、

その子たちはどこにいったのかな? 気になるけど 教えてくれないかい?

君はどこから来たのかな?

ところで 君の今居るところも 随分と湿ってやしないかい?

君はどこから来たのかな?

ねぇ 返事をしてよ ワッシャー君

20090203


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ サヨナラ マークⅡ


と 言う訳でエンスト君が帰ってきました。

年末年始を挟みましたので ザックリ1ヶ月振りに会ったアストラ君 なんとなく誇らしげ。

20090127

すっかりと体はマークツーに馴染んでいましたので、
まぁ、ドアが重い、椅子が硬い、ハンドルが重い

・・・・でも 好きだよ(^^)。

同様に ザックリ1ヶ月振りに会った ヤ○セ サービスマン君も なんとなく胸を張っている。

「もう バッチリですよ」

だそうだ。

過去2回の入場時には 「まぁ ココじゃないだろか」とあたりをつけて洗浄や部品交換をした、

のですが、

その「あたり」はことごとく外れ 再入場の繰り返しを余儀なくされてきました。

ので、

このたびは 「原因判るまで返さなくてイイからね」とテストドライブを厳命し置いてきました。

結果、

あっさり症状が出て、あっさり原因が判り、あっさり修理、修理後のテストドライブでも 症状出ず とのことで 目出度く退院。

最初からチャンとヤレよな

という怒りよりも あぁ 良かった が今 勝っています。
退院して今日で約1週間。順調です。

過去2回の修理代金(アクセラーの分解洗浄とかカム角センサーの交換)に相当する分を今回の修理代から値引きするってことで 帳尻を合わせてくれましたので ウーン まぁ 一件落着。

でも 今回の修理箇所「EGRバルブ」・・・なんで壊れたの? とか、
入場時に発見された「オルタネーターのプーリーの割れ」の原因は不明のまま。
この2箇所で結構な諭吉君が去っていったので ナントモ複雑。
ま でも これで終わればヨシとするか。

え? 終わらない??
ブレーキパッドがソロソロ???
え? ショップアブソーバーからオイル漏れ???



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(1)

■ 悲しい展開 思わぬ誤算


あ、思わぬ誤算 ってのは 日本語的に変ですね。・・・誤算はたいがい「思わぬ」ですもんね。


足グルマ オペルアストラ君、ストン とエンストする症状が発生し、スロットルのカーボン掃除 を 24,000円也で完了。ヤレヤレ一安心

したところで 再びストン と エンスト。直ってナーイ。

さて どうする

とミクシに綴ったところ

思わず「捨てろ」との声が多かったことに驚きましたが、愛着もあり 覚悟を決めて 再び入場。

そして帰ってきました バッチリです という笑顔と共に。

えーっと 請求書によると

インダクティブパルス ピックアップセンサー交換
ツースドベルト交換
ツースベルトテンチョナー交換
ウォーターポンプ交換
リブドベルト交換
リブドベルトテンショナー交換
クーラント交換 ?

ヨシヨシ これで 一安心。

引き取り翌日


止まりました ストン と。

キーっ クヤシー 顔がザブングルです。悲しすぎる展開・・・
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(7)| トラックバック(1)

■ プラグ交換顛末記 2008 (^^;


「プラグを交換したら絶好調」とブログに綴ると
「で、今回は失敗しなかったの?」と 以前のプラグ交換で 外したプラグを手の届かないところに落とし四苦八苦した事を思い出させてくれる優しい諸先輩方。
ハイ、今回はラバー付レンチを使用しましたので 粗相なく終了しています。
まぁ 相変わらずモタモタしましたが・・・

覚えの悪いボクにプレゼント。

20081110

4発なんだから覚えろよ と言うメッセージかも(^^;
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ ゼニス君 よぉ


ポルシェ356

わかり易いクルマだ。

まっくろくろすけ だった プラグを交換。

スッキリ爽やかな加速(^^)。

何となく湿っぽかったエアクリーナーを交換。

気持ちの良い吹け具合(^^)。

シャビシャビしていたオイルを交換。

滑らかでマイルドなエンジンの回転(^^)。

ウーン こんなに感じが変わるとは・・・・

ビタビタだったキャブをドライにし これで暫く様子見。

しかし まぁ 気持ち良くエンジンが回る。

我慢できず 猿投の山まで ひとっ走り。

溢れ出るのか 滲み出るのか 噴出すのか チェックをしようと思っていましたが・・・

ダメ すでにビタビタ(^^;

ポルシェ356 わかり易い?

スミマセン


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 続・キ、キミもかぁ


原因不明でたまにエンジンストップする近代車と、キャブからガソリンが滲みまくっている旧車、あなたならどちらで通勤しますか?

信号待ちで 突然 ストンと堕ちてしまったオペル君。
イグニションを捻れば何事もなかったかのようにリスタート。
数日後 今度は赤信号のため減速を始めた途端 そのままスゥっとエンスト・・・

ヤ○セ君に持ち込み 点検してもらったところ スロットルにカーボンが溜まっていたので掃除しておきました。
と 24,000円。

ふーん そういうモンか
そういえば アクセルが軽くなったような
アイドリングが安定しているような。あーやれやれ

なんだかでも タイミングベルトの軋み音が大きくなったなぁ(もともと少し泣っていたが・・・)・・・

数日後 またまた エンスト。直ってないジャーン ((>_<))
その後 何度か繰り返すも すぐにリスタートできるので 結局 そのまま。

1度だけ 高速道路で加速し始めたときに 2-3秒ノッキングしたことがあったけど、その他の現象としては減速を始めるとエンジン停止 ってパーターン。

ウーン 順番にまずはタイミングベルトの交換からやっていくしかないのかなぁ・・・
でもまだ5万キロ強・・・ウーンウーン

ディーラーで買う車を修理に出す羽目になるとは思わなかったなぁ・・・

嫁からは アシグルマやめて 356 1台にしたら なんて話もあるんですけど・・・

20081031

来月9日、小4長男坊の誕生日。

プレゼントで自転車を購入。もう大人と同じ26インチ。早いなぁ 大きくなるの。さ、積んで帰ろう。

って スピードスターじゃできないよなぁ・・・

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(11)| トラックバック(0)

■ キ、キミもかぁ !!


アシグルマ オペル君、走行中にストンと堕ちました。

20081026

なんで !?
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ うちなぁ ずっと びちびち やねん


右も

20081024R

左も

20081024L

漏れてるって言うか 溢れてるって言うか・・・

びちびちやねん(≧д≦)

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(12)| トラックバック(0)

■ 今日の愚痴 ザブングル 加藤君でお願いします


ドアハンドルのエスカッションが経年劣化で割れました。

ebayで $19.99 で買える部品ですが 送料も S19.99 かかるのが 悔しいです!!

4つセットで売ってるってのも 悔しいです!! (窓がないスピードスターは2個でイイのだ)。

てな訳でアロンアルファでくっつけて再利用です。

20081011

怠けたボクが悪かったんです。

作業を始める前から どうも 側溝の蓋の隙間が気になっていましたが・・・移動するべきでした。
コンコンコンとハンマーでそっと叩き ドアハンドルを留めているピンを抜こうとしたら、



っと言う間に そして 案の定 見事に ホンの僅かな隙間にピンは落ちて行きました。

うりゃぁ

と力いっぱい鉄製の蓋を持ち上げ ドブ浚いをしましたが 発見できず。悔しいです!!

針金切って 突っ込んでおけばイイだけですけど・・・絶妙な太さなんですよね・・・
パーツリストに品番すらないってことは なんでもイイのかなぁ

20081011a

先日もセレクターロッドのワッシャーの代わりに針金を巻き付けたばかり・・・

針金だらけだね。

小僧君 54年のハンドルじゃないねとか言わないように。
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(9)| トラックバック(0)

■ Oops


キレイにしようと思ったんだけどね・・・

20081006

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ ナンコツ コリコリ


一般的なMT車の場合 バックギアに入れるときは ググッと 右端に寄せクッと手前に引く、と思います。

長いこと乗っていたビートルには ハーストシフターがついていたので レバーを引いて左に寄せて手前に引いたっけなぁ・・・なんて記憶はあるものの、

アレレ? 356の場合は どうするんだったっけ??

と、長きに亘り 356に乗っているくせに(VW歴より長くなりました) いざ シフトレバーを純正に戻してみたら どうしてもプッシュして左上に上げる ってのが 思い出せませんでした。

何故かって??

それまで装着していたスペシャルなシフターは プッシュもプルも関係なく 1速に入れる感覚でバックにもスカッと入っていたからです(^^;

Gmundサンのブログにもありましたが、先週末 シフトレバーを念願の「ポルシェ製」に戻しました(年式合わずのようですが まぁまぁ)。
20080819c

それまでは 妙に長く そして手前に首を振った 要するに「楽チン」仕様の社外品シフターでした。
20080815a

プリAに限ったことじゃないのかもしれませんが 以前に乗っていた55クーペも 3速に入れるには ウーンと体勢を右に捩りながら手を伸ばしました。
要するに遠くて使い辛いのですが、これはそれを改善すべくのシフターで、まぁ キライではなかったのですが、どうも「糖蜜」や「バター」とは程遠い 例えるならば「ナンコツ」の食感に似た「コリッ」としたシフトフィールからの脱皮を目指し シフターを取り外すのを期に 356っぽい姿に戻すべく 純正品に交換と相成りました。

グリスだらけの手でしたので 作業中の写真が1枚もありませんが、交換取付自体はあっさりと終了。

欠品もなく やれやれ無事済んだという安堵感と、自分でも出来たと言う喜びと、あぁ あと半日 何しようという困惑(^^)とイロンナ気持ちが混じりながらスピードスターの中で爆睡。

陽も傾き さぁ じゃぁ帰りましょうか という段になって シフトフィールの違和感が今更ながらどうしても 気になりだす。

ニュートラルを基点に1速3速のストロークと2速4速のストロークが明らかに違う。Hパターンが短足(って 意味判ります??)

再びカーペットとボードを引っ剥がし、調整。

コレが難しい。

少しずらしてみると 2速4速に入らなくなってしまい、逆方向にずらしてみると 今度はエンブレをかけた時にスコッと 抜ける。はぁ。

何回も何回も前にやったり後ろにやったり 調整しては試走してを繰り返し・・・hyサンのブログにもありましたが そのうち 何をやっているのか判らなくなる(^^)。

シフトレバー側での調整を諦め 今度はミッション側の蓋を開けてみました。
ら、大きくガタのでているところがアリ これを直せばOK牧場 と ニンマリ。

って ところまで来たのですが どのマニュアルを見ても そこの隙間を埋めるべく部品が何なのかが判らず ここで時間切れ。ゴムなのかリングなのかワッシャーなのか・・・

とりあえず バラそうぜ

と乗り気のギャラリーも少なくありませんでしたが、どう考えても 抜いてしまうと 次 挿しようのない割りピンが

「やめておきたまえ」

と訴えていましたので 丁度良さそうな太さの針金をクリクリッとUリングのように巻きつけ 終了。

これが調子イインダなぁ。きっと針金のまま2-3年乗るんだろうなぁ と 思いながら 蓋を閉じましたとさ。

20080819d






修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ お騒がせしました


主治医のガレージでゴソゴソやっとるでぇ~ と 58カブを入手したY田サンより着信アリ。
Gmundサンも並んでゴソゴソ始める様子と聞いて、あら楽しそうね じゃぁ ボクも と思いましたが、アキマセン。そこまで行かれへんねん。エンジン掛かりませんねん。

と言う訳で自宅でゴソゴソ始めました。

20080714

こんなところで・・・
と思いましたが 日差しを遮り意外と涼しくてイイ(^^)


=====

ヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプ と 何かを点灯させるとストンと堕ちてしまうウチの356。
何となくダイナモあたりが逝ってしまったことに起因し あぁ とうとう放電しきっちゃいました てな 終焉でしたが、
しかし ワイパーはビンビン動く ビンビン。てな訳で やはり 接触不良を疑い 配線を1本ずつ グニュグニュ弄りながら様子を見る。

結論から言うと やはり 接触不良。ヒューズボックスがもう古古なんですが、螺子が緩んできていました。キュッと締め直して 問題解決。

そこの配線に辿り着くまで1時間位要しましたが、エンジンが掛からない理由を自分で探し当て そして対処が出来たことに対して 少し嬉しかった土曜日の朝。あぁ 爽やか。って 螺子1本締めただけなんですけどね。

356のダッシュ裏の配線をゴソゴソやるには こういう体勢を強いられるわけです。

こういう体勢1

こういう体勢2

エビ反り状態。頭が下で血が上り、両の腕を上に上げ、手の入らないところをゴソゴソと。たいてい口に懐中電灯を銜えています。
腕は吊るし 手を滑らすと道具が顔面に落ちてきて ホトホト厭になるのですが、このクルマが直らぬ限りは遊んでもらえぬな と悟った息子が手伝ってくれました。

20080714a

懐中電灯で照らしてくれただけでしたが、いやぁ 助かりました。体の小さい彼らは こんな所にすっぽり収まりますので 思わぬ方向から照明を当ててくれます。ナイスでした。


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(12)| トラックバック(1)

■ 雨 雨 東京 雨 東京


万全を期して臨んだコッパディ東海であったが、初日のランチ時にキャブからのお漏らしが発覚。

締め過ぎ注意 ! と警告を受けていた場所だけに 増し締めも遠慮がち。なもんだから 走りゃまた緩む・・・

ガソリン絡みのトラブルだけに 前科モノとしてはとっとと直したい。

が、雨



また 雨

そして天気の良い日はなぜか出張・・・

で また 雨 (T△T)

やっとこさ 先週末 日曜日 梅雨の晴れ間を縫って 主治医の所へ辿り着く。も、お留守 (´o`)

勝手にゴソゴソ始めてみるが 案の定 薮蛇となり 放置して帰宅(┰_┰)

20080708

20080708a

明けて月曜日、事情を説明しようと 主治医にTEL入れると、「おぅ 出来てるぞ」と。早。

と言う訳で大喜びで引き取りに向かい 久方ぶりに 356と戯れる。



でしたが・・・

帰り道 止まりました。チーン "/(*▽*)


じゃぁ さよならぁ と 主治医宅を出発。ヘッドライトを点け 右折の最中 電源が落ちる・・・すぐ掛かる。

またまた右折の途中 電源が落ちる・・・すぐ掛かる。ガス欠??

ヘッドライトを点け ウインカーを点けると また 電源が落ちる・・・すぐ掛かる。

あぁ 接触だまた。

春先にもレポートした アレだ。「うっ」と突然 電源が落ちる・・・アレ。

でも な~んか 違うような気もする。


と ヘッドライトを点けないまま走る。問題ナシ。

が、ウインカーを点けると また電源が落ちる。掛かる

を何度か繰り返した挙句、すぐ掛からなくなる。

とうとう無灯火で走る。ウインカーも出さない。試しにたまに出してみる。落ちる。

なんて事を繰り返している間に自宅に到着。

イグニションをオンにする。

ヘッドライトを点けてみる。点かない。パイロットランプも消える。

しばらくすると ハイロットランプ点く。

ウインカーを点けてみる。点かない。パイロットランプも消える。

しばらくすると パイロットランプ点く。

ブレーキを踏んでみる。ブレーキランプ点かない。パイロットランプ消える。

しばらくすると、パイロットランプ復活。

ワイパーを動かしてみる。動く

・・・・はぁ もう寝よ。

想像するに充電せずに走ってきたって感じ。丁度 放電しました状態 かな ?

で、どうするよ。アシグルマは今日 主治医のところに置いてきちゃったし・・・

梅雨未だ明けず。


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(1)

■ 1→4→3→2→1→4→3→2→1→・・・・


「コッパディ東海」前日、頑張って仕事をやっつけ、主治医の所へ356を引き取りに。

油圧計のスイッチ交換とプーリーのシール交換でオイル漏れ(吹き)を留め、ゼニスのオーバーホールで燃料漏れにも終止符を。

マイミクシるうふサンが輪島行きの前に奮走してくださるも ETCの取付には至らず。雨の浸入を防ぐべくのシール打ちも出来ず。

人に任せたところはキッチリできて、自分でやろうとしていたことはコレッポッチも出来ずは毎度の事(^^;

せめてものお詫び?に ゴシゴシと洗車。パンツの替えを選んでいるうちに(^^; 気付けば丑三つ時。輪島行きのGmundサンが出発する頃 床に就きました。


キャブのOHはガスケット類の交換だけの予定でしたが (何て言うパーツだろう?)キャブの上っ側、エアクリーナーとキャブ本体の間のパーツ、ほら 燃料パイプが留まっている所、の状態がヨロシクないようで交換に至る。
そんなパーツ、単体で手に入れられる訳はなく、中古キャブ本体お買上げ~ モチロン2基 ・・・あぁ部品取り~

で、調子はと言うと まぁコレがなんと表現してよいのやら・・・もっと早くやるべきだった の一言に尽きます。

それまでは燃料をシッカリと送っておいてスターターを押し、掛かったら落ち着くまではペダルから足を離せない始動でしたが、
OH後は車外から手を伸ばしてスターターを押しても(つまりはアクセルを踏まなくても)、ブルルンとエンジンはかかり、そのままアイドリングし続けています(正しい掛け方はコチラ)。

そのアイドリングも 143214321432 と チャンと正しく爆発している感アリアリ とても調律されています(1342だったけ?)。まぁキャブのせいだけではありませんが、以前は世界のナベアツじゃないけど 3のつく時と3の倍数のときだけ爆発しない ような感じのばらばらしたアイドリングでしたので、感激も一入です。

てな状態ですから 走り出してもその成果と言うか効果と言うか・・・要するに 「よう回るでかんわ」(*名古屋弁 訳/すごぶる調子が良い)。

で、出発。

20080606

コッパデの2日間、山道では2速3速の繰り返し 4,500~5,000rpm あたりをフルに活用し、高速道路でも4,500rpm、ジムカーナでは危うくレッドゾーンを過ぎそうになったりもしましたが、
オイルは一滴足らずもエンジンルームに飛び出ては来ませんでした。

が、肝心のキャブは ( あぁ 何て言うパーツだろう? キャブの上っ側、燃料パイプを留めている17ミリのドレン) が走るたびに緩み燃料が垂れる (^^; 回し過ぎなのかなぁ・・・

締め過ぎで壊した所だけにビビリながらの増し締めでしのぐも・・・ウーン ココ 嫌い。


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(10)| トラックバック(0)

■ 買いましょう 失笑よりも爆笑を


心臓に悪い 話の続きです。

=====

這々の体で自宅まで辿り着き 「あぁ ココだろうなぁ」 と怪しい所までは発見できたが、さて 主治医のところまでどうやって行こうか・・・・

と 配線をムニムニしていると ある一定方向に力が掛かっていると大丈夫 と気付き

20080426

こんな格好で走っていきました。ら、えらく順調で(^^; ココに違いないと確信しました。

明るいところで覗き込んでみると あれあれ、コネクターの螺子が緩んでいて 配線が簡単に抜けました。

20080426a

ハイ それだけです。えぇ それだけです。

さんざん騒がしたくせにこれだけです(^^;
失笑されるくらいなら大爆笑されたいのですが・・・どちら様の目も冷ややかでした(^^;

さぁ 今日は配線を全部 引っぺがして やるぞ ! おーっ !! てなイキオイで 朝1番に主治医宅を訪れていましたが、結局はこのコネクターを外して磨いて接点クリーナーをシュッシュして オシマイ・・・。せっかく搾り出した自由時間残り9時間、さて何をする(^^;

割れたエスカッションをくっつけたり、ホックが弾き飛んだ幌を留めたり、シートを外しフレームを増し締めしたり、とうとうジャッキの錆を落として塗装したり・・・さも 暇そうにしていたのか、順番に訪れる356仲間に、「あれ?? 大変だって聞いてたけど・・・」と聞かれる度に「イヤ実は1本緩んでいただけでして・・・」と頭をポリポリかきながら 失笑を買って(^^;

特に65N木サンにはどれだけ感謝しても足りません。なんと秘蔵ハーネスセットを惜しみも無く持って来て下さったのです。呆れ返られましたけど・・・

20080426b

まぁ でも 良かったね。と 誰もが優しく声を掛けてくださり、さぁ これでゴールデンウィーク 走るぞ !!

って感じのブログだね 今日は。
と構想を練りながら帰途に着くと・・・・また ストールです 何故。

======

追記です。
本日朝1番 再び主治医宅を訪ね、問題は解決いたしました。
恥ずかしいくらいのオチです。もう書けません(^^;


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(5)| トラックバック(0)

■ 続・心臓に悪い


とある祭りごとのため 主治医のガレージに集まった A山サン S本サン デブ早サンに「で 直ったの?」と訊ねられる。

例の「うっ」っと 一瞬エンジンが止まる アレである。

ブログにも書いたとおり、怪しそうなところは「シロ」で、ホシは挙がっていないどころか その後 症状が出ていナイっスよ。とヘラヘラ答えていると、デブ早サンに喪黒福造よろしく「ドーン!!!!」と指を指され 「君は 本当に困らないと動かない」とお叱りを頂戴する(^^)も、皆サン ポンプかなぁ キャブかなぁ と 知恵を絞ってくださる。ありがたい。

======

夜 祭りをもう少し楽しみたく 再び主治医のガレージへ。

向かう途中 出ました出ました 症状が。「うっ」とキマス。
キタ━━(゜∀゜)━━ !!!

漠然と「犯人は配線関係」とたかをくくり、結局 走り続けてしまう。

=====

その帰り道、「うっ」となる回数が増える。間隔が狭くなる。

な~んとなく 加速途中 高回転域に達すると 「うっ」と来る。
燃料が届かんのか !?

やがて「うっ」となる時間が長くなる。
一瞬だった「うっ」が、「うううっつ」となる。
が、アクセルを戻すとチャージランプは消え 何事もなく走る。

傾向を知るため加減速を繰り返してみると やはり回転があがると チャージランプが点り 止まる。

そう 止まる。ストールする回数が増える。
が、セルを回せばエンジンは再び掛かる・・・・ コレの繰り返し・・・

そして・・・・


「ドーン !!!!」


とうとう掛からなくなりました(^^;

イワユル深夜、イワユル人里離れた山の中・・・

JAFを呼ぶか 主治医を起こすか(^^; ・・・ ドーン !!!!


セルは元気良く回るも 掛かる気配はナイ。
パイロットランプは消えている。けど メーター球は点いている。と言う事は と言う事はだな ???
バッテリーのターミナルが緩んでいる説は消えた。
キャブだポンプだ以前の問題だ・・・ヒューズも生きている と言う事は と言う事はだなぁ ???

と 祈る気持ちで イロイロな配線をムニムニしていみると おっ、パイロットランプに反応が (^^) ・・・。

何とか自宅まで辿り着き せめて原因だけでも特定しよう と 潜り込み ムニムニを繰り返すと 「あぁ ココだ」ってのが見つかりました。

イグニションの配線・・・とある箇所をムニムニすると パイロットランプが点いたり消えたり。さぁ ! さぁさぁ !!

20080424

今日は寝よ。




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 呆れかえるでしょうけれど・・・


「一瞬止まる」不具合を解消すべく作業に取り掛かった。

と言ってもボクに出来ることはバッテリーとターミナルは緩んでいないか? アースは不良していないか・・・と、イグニションスイッチの配線に不備はないか? 程度である。

そこをチェックをしてオカシナ事がなければ ハイ それまでよ。後はワカリマセン。

どこかがオカシイ筈なんですが、とりあえず掛かって動いちゃうとねぇ(^^;

さて・・・
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(1)

■ 心臓に悪い


明日、仕事オヤスミです q=(^0^)=p

土曜日に休めるなんて 久しぶり (あ、先週も休んだか ^^)。

「オイ 君達、明日 パパと遊べるぞ」

と子供達に伝えると 困惑した表情。父親などは当てにせず すでに先約を入れてあるそうだ。聞けばカミサンまで。

と言う事は、

と言う事はだな、そう

It's FreeTime ! キタ━━(゜∀゜)━━ !!!


=====

今週月曜日深夜、Gmundサンのナラシに付き合って 2,000rpm という一定回転で高速道路を巡航中の出来事です。

「うっ」

と 一瞬エンジンが止まりました。いや 正確には止まったかどうか定かではないのですが・・・

以前にも1度、 4,000rpm位から 加速していくなかで 一瞬息継ぎをするような「間」ができたことがありました。

その時は「燃料が届いていない?」って感じで
キャブかポンプかフィルターかと疑いましたが、
「吹き飛ばしちまえ」というアドバイスを受け、気にせず踏み込みを続けていましたところ その後 その症状は現れません。
ので 吹き飛んだのでしょう(^^)。

そんな事がありましたので 今回も最初は「あれ? やだなぁ」程度でさほど気にもしませんでしたが、
2回3回と続くと 「ヤバイんじゃないの?」とドキドキです。
しかも今回は低回転域で走っている最中ですから 前回とは違う原因か? しかもしかも 今回はその瞬間 チャージランプが光ります。ホンの一瞬です。1秒あるかないか。

ジャンクションでGmundサンと別れ、そこからは「吹き飛ばしちまえ」とばかりに思いっきり踏み込みます(法定速度で^^)。

しばらくは順調で 「吹き飛んだか、ざまあみろ」とほくそ笑むも
突然エンジンが止まりチャージランプが点灯し グーッと後ろにGが掛かります。
1秒2秒のことだと思いますが、その瞬間思い出したのはエンジンを焼きつかせたときの事・・・ゲゲゲーっ。

とは言え次の瞬間には走っている・・・

心配になりPAに飛び込みオイルをチェックするも適正。ムムム・・・

恐る恐る自宅まで戻ると そこで今度はエンジンストール・・・えぇえぇーっ !?

でも 今度はチャージランプは点かない。
通常 ストールすると パイロットランプが一通り点くはずなのに・・・

ゲゲゲ と蒼い顔をしながら 取り合えずイグニションをひねると ブルルン と何事もなかったようにエンジンが掛かる・・・


その後は雨続きで その原因すら特定できていないが・・・何せ深夜のドライブ。ひょっとしたら夢だったのか? なんて期待したりもしたが・・

ま、明日だね明日。そう フリーターイム !!

あ~カミサマ どうぞバッテリーのアース不良程度であって下さい。お願いします。って言うか とりあえず 雨 あがって(^^)。



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(22)| トラックバック(1)

■ 弾けました


って、ボクが週末 遊びまくった と言う訳ではありません。

小海への道中、弾け飛んだのは コイツ ↓

20080414

ケーブルが干渉したのか? 裏からグイグイ押されたのでしょうか、
耐え切れず マジンガーZのアフロダイエースみたく ポンポーンと2本の螺子が弾け飛びました(^^;

タコケーブルはこれで前科2犯・・・同じところを直すのは嫌いです。

20080414a

タコメーター壊れちゃったんで 何キロで走っていたのか判んなかったッスよ とは 言えんかったなぁ 長野県警に ↓


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(1)

■ 15,333km


356 車検完了です。

20080218

ブレーキ よぉーし、
かじ取り よぉーし、
燃料 よぉーし、下回りよぉーし、

2年前に一通り手を入れてあるので「痛い出費」となる不具合はありませんでした。スパークプラグもチャンとはまっています(^^)。

ブレーキフルードを足し、
滑りはしていないけど 疲れが見えていた左リアのハブロックナットを1つ替え、

あ、あと バッテリー・・・・

バッテリーは2年前に新品を装着しておりました が、

この2年間、いつでもどこでもチャンと始動するので気にもしていませんでしたが、ナメていました。バッテリー液スッカラカン。

絶命寸前っていうか ほぼ息絶えていましたので 交換です。痛っ。

オイルはしっかり見ますけど、バッテリー液はなぁ・・・不覚だなぁ 愛情不足だなぁ ・・・ 今度 バッテリー替える時は オプティマ にしようと考えていたけど・・・

「あ、これ間違ってるぜ」

と 乗車定員を変更されてしまう夢を見たことがありますが、チャンと「4人」のままでした 当たり前ですが 一安心です。

なお、2年間の走行距離は 15,333キロ・・・・

意外と乗ってないなぁ ・・・

さぁ 次は任意保険だ。車両評価は上がるのか !?

20080218a




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(18)| トラックバック(0)

■ あれから2年


あれから2年。

早いもので もう車検です。

昔は毎年車検でしたので、旧車でも 2年に1回車検となった今、気分的には半額になったようなモノなので嬉しい限りです。

お金が掛かりそうな箇所もない筈ですし、税務調査が終わる今週末には パーッと遊べそうです。

るうふサンの58クーペと赤2台 揃って車検屋サンに居るようです。

20080212

デブ早サンが何か企んでいるとも聞きました。


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ サンタサン お待ちしています


20071207

2年前だか3年前だったか・・・

コッパデ小海に参加するGmundサンにナビを命ぜられた時に頂戴したグラブ。

結局その年は 次男坊の入園式とバッティングし ドタキャンをしたのだが グラブはちゃっかり頂戴し、ありがたく使わせていただいている。いた。

それまでは現在の一般的なドライバーと同じく、運転するのにグラブをはめるなんて事はなかったのだが、コレ以来変わった。
滑らないし蒸れないし、グラブがナイと運転できない。

そんな思い入れのあるグラブだけど もう限界だね。
なんでコンナ所から破れるの? 運転がヘタッピな証拠(^^?

今日までオツカレサン。サンタサン、次 お待ちしています。

20071207a
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ コイツ 嫌い


立冬

暦の上では冬である。

11月も始まったばかりで、日中は気持ちの良い秋晴れの空が広がっているので 冬と言われてもピンとこない。

本格的な厳しい寒さはコレから訪れるので こんな根性ナシな事は言いたくないが 既に結構寒い。ブルっ

朝 出勤時 356ではなくアシグルマの鍵を取ってしまう。そう ボクは根性ナシ。

============

「3,500rpm で リミットのかかるアクセルケーブル」や
「クラッチを切ると点灯するヘッドライト」の修理に先週末1日費やしたが、実はその日 どうしてもやっておきたい作業があったのだ。それは

コイツ。

20071107ab

コイツ 嫌い。

室内からワイヤーを引っ張ると蓋が閉まり エンジンの暖かい熱を逃さず 車内に引っ張り込み 暖を取るという しごくカンタンな仕組みのヒーター。

去年の冬、十分効いていたヒーターであったが、リフトアップしてココを見たとき 蓋が完全に閉まりきっていないことを発見。

ピタッとしまったら もっと暖かいぞ!
と欲が出て 調整を始めるものの どうにも巧くいかず、
とうとう レバーで調整するのを諦め、元栓で 冬になったら閉じる、冬が終わったら開く ようにするしかなくなってしまった。

356ホリディの前、エンジンを積み直した際に ここもシッカリ調整したつもりでいたが、先週末6時間かけて洗車した際、レバーを引こうがなにをしようが 蓋はピクリとも動かなかった・・・

これは調整せねば ! なぜなら 今週末はルマンクラシック 朝4時出発 (>_<)

でも 朝寒いって事は 夜も寒い。作業できません。そうボクは根性ナシ。
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(12)| トラックバック(0)

■ まさしく修理日記


356ホリディ前、エンジンを積み直して 「絶好調」と舞い上がってみましたが、冷静になってみると 実は今ひとつ 「???」 なことが・・・。

確かにキビキビ走るのですが どうも最後の一押しが足りないというか・・・いつも○○マイル出せるところで○○マイルしか出なかったり・・・

まぁ そんなスピードで走る機会も少ないので 「思い過ごしさ」と忘れようとしていましたが(^^; 気になる。
1速でも2速でも3速でも 「最後の一押し」がない。
3,500rpmくらいで頭打ちなのだ。

真っ先に思い出すのはデスビ・・・進角の問題で踏んでも踏んでも進まなかった苦い思い出が蘇る。

って言うか それが原因だと思い込んでいた。
でも デスビなんて触っていないのになんでかなぁ・・・

と思い 次に怪しむべくは アクセルペダル&ワイヤー。
でもココは エンジン積む時、ペダルとスロットルの開き具合をチャンとチェックしたしなぁ・・・
なんて 半信半疑 アクセルをベタッと踏み込んでみると 「もう少し 踏めないの?」と主治医がエンジンルームを覗き込みながら問う。「えっ?」と力任せに踏んでみると アレアレ、グググっと更に踏み込める(^^;

さっそくカーッペットを剥ぎ キックボードを外し チェックしてみると エンジンルームから延びてきているワイヤとアクセルペダルを結ぶパーツ(パーツカタログにも載っていないので名称不明)がグラつく。
悪い角度にグラついた状態でアクセルを踏むとロッドのあたま、ボールの部分がシャシの先端 細くなり始める部分に当たってしまっていたのだ。

って、文字で綴っても 「なんのコッチャ」ですね。まぁ 要するに干渉していたと。

で、そこをシッカリ締め付けて 干渉をなくしたところ、心配になるくらいペダルが軽くなりました。4,500までスルっと回るようになりました。ヤレヤレ。

でも テストしていたときに1度 ワイヤがガイドから外れ 踏み込んだペダルが戻らなくなりました。

たったチョッとのことなのに・・・怖いね。走行中 アクセルペダルが戻らないなんて・・・想像しただけで怖いです。ホント。

って、文字で綴っても「なんのコッチャ」ですね。シツコイですけど・・・。

でも ココからが長かった 写真の1枚も撮れないほど・・・

つづくのだ(^^)

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(8)| トラックバック(2)

■ 日曜日らしい日曜日


今日1日 何もかも忘れ どうぞ気ままにお過ごしください。あなたは自由です。

と 言われたら どうしますか?


快晴の日曜日、秋晴れの空は陽射しも優しく、
急に冷え込んだ週の末日とは思えぬほど 寒気は緩み穏やかな日曜日。

昨日 休日出勤した甲斐あって 仕事の事は 今日1日考えずに済みそう。

カミサンと子供は幼稚園のクラス会とかで終日お出かけ。

何の予定もない1日、こんな恵まれた日 もう一生ないかも。

で そんな幸せな麗らかな日に 何をしたかと言うと











洗車 (^^) してました。


「適当に小綺麗だから」 とへ屁理屈をならべる不精な親のもとでろくろく洗ってももらえないウチの356を哀れんで 356ホリディの前に Zチャンが 積もりに積もった長年の垢を擦り落としてくれました。

「下地は作ったからね 仕上げはチャンとするんだよ」と助け舟を出して貰い「イエス マーム」とホリディ前日、出勤前の僅かな時間でワックスをかけるも 朝の忙しい時間、なんとも中途半端な気に入らない仕上がりとなってしまった・・・

そしてそのまま手着かず数日が過ぎ コルモラーニそして通勤にと走り続けて 気付けば既に 再び草臥れてしまっていました。

イカンイカン 今やらねば と いつも気にはなっていましたが時間もとれず なんて自分に言い訳ばかり・・・

来週末は「ルマンクラシック」。ウチの子に恥ずかしい思いをさせるわけには参るまい。

今日しかないわけです。

時間を気にせず洗車に取り組めるなんて

幸せ (^^?

気付いたら6時間が過ぎていました。

===============

エリックから届いた356ホリディの模様を納めたDVD を見に 主治医の所へ向かう。

いつもと違いピッカピカなので 走っていて気分が良い。
チョッと誇らしい(^^)。何セ6時間洗ってたからね v(^^)v

が、

「お、固形ワックス塗ったね」とGmundサンがイキナリ言う。拭き残しがあったのね(^^; お粗末。

幸せな日曜日の午後、でも ここからが長かった・・・ 写真の1枚すら撮れないくらい・・・

つづくのだ(^^)
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 356ホリディまであと4日 !!


日曜日、主治医がご出張のため 作業はナシ の予定でしたが、午前中 出発時間ギリギリまで お付き合いくださいました。

ほぼ最終段階。ワタクシの場合 特に燃料パイプ及びそのジョイントあたりに力を注ぎます(^^)

「さぁ あとは積むだけ」となりましたが 残念ながらそこで時間切れ。

「好きに使ってイイよ」とガレージを開放してご出発なさいましたが、そんな・・・独りじゃ何もデキない事を知っているくせに (^^;

==========

別れ際 キレイになったエンジンを見て

「うーん・・・クルマに似合わんなぁ」

とキツイ一言(>_<)。そして・・・

「せめて ここくらいは やるだわなぁ・・・」

と 酷い状態になっているエンジンルーム内をポンポンと叩く・・・。

それって もしかして 塗装を剥いで 板金して ペーバーあてて 錆止め塗って 色を吹く ってことですか??

と 1週間学んできたことを復唱してみると、

「他にどんな方法があるの?」と目を点にする主治医・・・

いゃぁ・・・

仕上げたいのは山々なのですが

・・・もう時間が

・・・もう体力が

・・・もう集中力が

20071002



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 356ホリディはいよいよ今週末 !! ですが・・・


皆サンは「眠りながら起きていたり」「起きながら寝ていたり」したことはありますか?

って 日本語的に変ですが、ワタクシ まさしく コレです。

金曜日 夜8時の時点では メタル類はまだ「メタル」なまま。

20071001

剥離も完全にはできておらず シコシコとペーバー掛けを続けていました。

連夜の作業も 仕事で徹夜した月曜日夜から数え4日を過ぎ、未だペーバーがけが続くと 「356と戯れる喜び」や「キレイになる356への期待」に「疲労色」が勝り始め、ヘコタレそうになります(仕事が遅いだけですが)。

土曜日には356クラブ中部支部の面々が ホリディのスタッフジャンバーを取りに 主治医宅を訪れることになっていましたので、

「今晩はコレで切り上げ、明日 皆に1個ずつ磨いてもらおうかなぁ」

なんて 勝手に企みノソノソしていると(^^; 待ちきれずに主治医が「検品」を終えたメタルから順にサフェを吹き始めました。

20071001a

徹夜が続き ただひたすらペーパーをかけ、シンナーで磨いているところに サフェですから まさしくトランス状態。シェケナベイベー。

ヤバイヤバイ、

「今晩はコレで切り上げ、明日、皆に1個ずつ噴いてもらおうかなぁ」

なんて 再びチンタラしていると、何時の間にやら サフェを噴き終わり 夜空を見上げていた主治医が「降るなぁ」とポツリ。そして決意の表情。

ペンキ塗りは乾き易い暖かい日中に、塗り漏らす事のない明るい日中にするつもりでいましたが、日中に主治医のところへ来られるのは土日だけ。その土日が雨となると もう どうしようもありません。

「夜は塗りたくないよなぁ」なんて言いながらも 埃の進入を防ぐべく 夜風が気持ち良かった扉もピリャリと閉め ストーブを焚き シューシュー主治医が吹き始めました。あれは何時頃だったのかなぁ・・・覚醒し始めました。

もう どんだけ~ぇ とか思いながらも 主治医の手によりキレイになっていくパーツを見ると またまた元気になってくる自分が居ます。ゲンキンなモンです。

20071001b

ところが 「ハイ、じゃぁ コンナ感じでね」とレクチャーが終わり スプレーガンを手渡されると ズーン と憂鬱になります。そうです。塗る技術がない事を自分が1番知っているからです。

そしてその鈍りはそのままハンドル操作に表われ、吹き付ける量が少なかったり多かったり・・・ムラムラのタレタレとなり 再びシンナーで塗料を落とすこと数回・・・空が白染んできました(^^;

夜が明けて 356クラブの皆サンが登場すると コレまたお祭り騒ぎ(^^)。やはり日中にする作業は楽しい(^^)。

日ごろは散々サボりっぱなしのクセに ホリディを目前に控え作業を始めたオバカなボクを哀れんでか、
もしくは これまたホリディ前で忙しい筈であろう主治医を このオバカから早く開放/奪還しようと思ってか、
はたまた 単なる興味本位か モノ好きか、現れる人現れる人 順に作業を開始します。

20071001d

コレでもかとエンジンケースを磨き倒すGmund氏、仕事の合間に塗り残しを見つけ仕上げてくれるZチャン、ご自身もエンジン組上げ途中なのに 足りない塗料を求め 何軒も何軒も走り回ってくれるデブ早サン、
塗り上がったメタル類を仮組みして行くH谷川サン、ゴムの艶出し材をごっそり持って来て下さったSサン・・・・

そんな皆サンを見ながらボクは・・・

寝ていました目を開けて。いや 起きてるんです。
喋ってるし返事してるし動いているし・・・でも 寝ているんです。

N木君もN重サンもI崎先生も・・・励ましのお言葉ありがとうございました。

そんな皆サマのお力添えもあって なんと土曜日の夜には塗られた部品達は元の鞘に納まり、これでリンケージや燃料系 電装系を取り付ければ明日の日曜日には走れるな と先が見え始めた 夜10時頃・・・
いよいよ手元が怪しくなって来ました。

ファンベルトをスタンドに引っ掛けておいたままダイナモを組んだり→ ベルト切りました。
やっとの思いで嵌め込んだエキゾーストパイプとヒーターボックスにサイズ違いのクランプを通していたり→ パーツ ひん曲げました。
先にやっておけばよかったのに組上げてからリンケージのステイをファンカバーに取り付けたり→ 組上げ前なら 螺子3本 1分掛からずに留めますが、組んでからだと手が入らず四苦八苦。

そう つまりは せっかく塗り上げたパーツを こうした ボケ作業で 傷だらけにし始めてしまったのです。その修復作業のタッチアップや 組上げていく途中で発見する「塗り残し」作業もマスキングがイイ加減になり 悪循環に陥りました・・・抜け出せません(>_<)。

作業しながら寝ているようです。
このまま続けると 取り返しのつかない事になりそうです。
それではコレまで付き合ってくれた皆サマに申し訳ナイ と、作業開始後26時間でギブアップ。
「今日は夜12時で切り上げような」と主治医に優しく言われていましたが、その2時間前で無念のリタイアです。スミマセン・・・

20071001e

*ボクが帰った後 主治医は 深夜2時過ぎまで SサンのGTを仕上げていたと 翌朝聞きました・・・
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ 剥って削って


作業開始後 わずか2日でここまできました。


































作業開始後 わずか2日でここまできました。

作業開始後 わずか2日で腰にきました。

本日はこれにて (^^;

追伸

20070927

作業2日目 肌にヒリヒリきました。目にもチカチカきました。




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ プレッシャーに負け


朝晩はスッカリと秋らしくなってきました。

秋の夜長 ・・・ 暇を持て余したボクは 「さぁ 色でも塗るか」と 356のエンジンを降ろし シートメタル類を外し始めました ( 大嘘 ^^;)

「エンジンが外れているような」グラグラ感 は 満更ハズレでもなく、不調の原因は、昨日のブログの写真でお分かりの通り クラッチのプレッシャープレートのスプリングの緩み(経たり)によるモノでした。
運がイイことに主治医の蔵には在庫があり ついでに磨り減ったクラッチ板も新しいものに交換されました。気持ちイイ。

20070925a

しかも ご覧の通り↑蔵から出てきたプレッシャープレートは チャンとスプリングが9つ付いている q=(^0^)=p

ボクのスピードスターは54年型のクセに62年の616/12エンジンが載っていますので このスプリング9つが正解なのですが、今日まではスプリング6つのカワイイ方が使われていました(S本サン、この前 「えらくクラッチが軽いねぇ」って仰られていた原因はコレですね^^)。

正しいパーツが組まれ、もう安心です。
さらには、この部品自体 今では入手困難かも と聞き 幸せ感3割増し。

これで ベアリングのピンが 今日 届いたら 再び どっこいしょ とエンジンを積んで ハイ 出来上がり。ふーっ ヤレヤレ。


の 筈でしたが、ジャッキの上に置かれた エンジン君が
「おい アンタ まさか このまま積むんじゃないだろうねぇ」
って訴えかけるような目で見ているではありませんか。

20070926

ウーン 確かに 何十年か前に塗られたであろうカバー類は 夏の終わりの日焼け肌のようにボロボロと捲れてきており そこにオイルが飛び散り 滲み出たガソリンが流れ このまま積むのは忍びないなぁ・・・

ってことで、まぁ はじめてしまったのですが・・・

20070926a

そういえば 356ホリディまで あと10日 ??
バラスのはあっという間でしたが、ゴシゴシ洗いながら

「馬鹿な事を始めてしまったのか???」

と疑問を感じ始めた夜11時過ぎ、S90のエンジンを積んだ嬉しさあまり、県を跨いで走ってきたりする人が居るもんだから、「あぁ 全然 ボクは正気だ」と安心したりした そんな中秋の名月。







修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(1)

■ UnHappy Monday


ハッピーマンデーだった昨日 秋分の日、

ウチの356に異音発生。もうブログネタは要らないのに・・・

エンジンかミッションがグラグラしている感じ。

アクセルペダルからも クラッチペダルからも 床に置いた足にブルブル振動が伝わってくる。「いやぁ~ん コンナのはじめてぇ~」

主治医のところに持ち込んだのは 午後3時。フライホイルかクラッチか・・・

「じゃ ま エンジン 降ろすか」と冗談か本気か判らないいつもの口調 (この日 主治医はオヤスミだった筈)

午後4時半 新幹線を待つホームに 主治医から着信。「安いほうだったよ」との事。

胸を撫で下ろすって言うか、あ、やっぱり ホントに早速 エンジン降ろしてくれたんだ と 感謝。

あと11日後に迫った356ホリディ、名古屋発には「新顔」が多い。SサンのGT、Hサンのロードスター、そして実はボクのSSも ホリディは初参加。

「転校生」を迎え入れる小学生のように 皆が楽しみにしてくれている。

「高いほう」だったら間に合わなかっただろうなぁ・・・

今日 発覚して良かった。

と考えるようにしよう。

しかし・・・


エンジン 降ろしたんなら アレもやりたい、コレもやりたい (^^)。


「基本的に調子良い」ので「やることナイ」なんてホザいていたが・・・

一気に忙しくなるか !! 今週は決算月の月末。

さて。

20070925
c) photo by 主治医
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ 「調子がイイ」って 昨日 言ったばかりなのに・・・


356ホリディまで あと 12日と迫った今日、356クラブ中部支部の有志達が 最終の下見へと出かけました。

当日に向けて もう 洗車まで終えてしまって 356は温存なのか(^^)? 今日はゲレンデ、カングー、ボルボにBMW エトセトラエトセトラ 皆サン アシグルアでのご参加です。・・・SAで集合し、ブリーフィングするその姿だけでは 何の団体か不明です。年齢もバラバラ 構成もバラバラ・・・356がないと知り合っていなかったろうなぁ と改めて笑ってしまいました。

20070924

今日の下見ツーリングは、「これから新たに何かを決めなくてはイケナイ」 って事はなく、当日の「立ち位置」の確認がメインですが、 ワタクシの目論見は別にありました。それは・・・

ホリディ2日目に予定されている「タイムラリー」は ロコのS本サンとGmundサンが何度も何度も下見走行を繰り返し 設定された「こりゃ楽しいよ」ってコース。ですが、当日 ボク達 中部支部の面々は スタートの旗振りやチェックポイントの準備、ランチ会場の設営等があり、走ることは許されません(>_<)。

ってな訳で、本日は そこを下見と託けて走って「楽しもうぜ」的なノリだったのです。

が、哀れ サラリーマン。

なんと「19時30分 表参道集合」の業務命令を受け、集合場所でさっそくの離団。「こんにちは ハイ さようなら」 どんだけ~。

一致団結 最後の追い込みで盛り上がる中部支部・・・ 水を差しました。スミマセン。


その帰り道 デブ早サンの基地にお邪魔して、とあるパーツを譲り受けました。
欲しくて欲しくて仕方がなかったモノですが、「修理」に追われる身としては 財布的に 後回しになってしまう 必要に迫られないパーツ。

ありがとうございました。

さっそく主治医のところで 格好良く取り付け完了です。我侭言って譲って貰って良かったです。取り回しもスゴク良くなりました。

20070924a

ところがどっこい、気を良くして帰路に着くも別問題発覚で、ウチの356は再び主治医宅逆戻り。

20070924b

さっそくエンジンが降ろされました・・・

そんな ホリディまであと12日のハッピーマンデー(^^;



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 知らぬがホトケ ?


356ホリディまで あと13日 !! 2週間を切りました。

20070923

>ホリディにむけ、日本全国津々浦々 356が動き始めている

昨日のブログに書きましたが、今回も 北米からは356Registryの大使が、ドイツ本国からはポルシェAGのスタッフが 356ホリディにやって来ます。シュツットガルトからも356がやって来るとの噂もあり・・・
つまりは ぜんぜん「日本全国」どころではなく、実にグローバルサイズ「世界各地」で356Faith達が 10月6日の伊勢志摩に向けて ソワソワしているのです。

なんて思うと もう ワタクシも何かせねば !! モードです。
「何か」って実はやること沢山あるのですが、基本的に「調子がイイ」ので、なかなか腰があがりません。
で、結局はオイル交換(^^)。これだけで随分と気分が落ち着きます。
今日も家族に午前中だけお暇を頂戴し、主治医のもと、オイル交換を始めます。

と、356の下に潜り込むと、「今日 リフト空いてるから、たまには 下 見ようぜ」と主治医がリフトアップを勧めてくれました。

20070923a

356のお腹を見るのは 楽しい(^^)。主治医がウチの356を気にかけてくれるのも これまた嬉しい。
グリス良し、ライン関係良し、その他 気になるところナシ と 機関的には「調子が良い」を裏付けてくれた訳ですが、
実は オーナー的には ケッコウ ショックでして・・・ そう、下側、ところどころアンダーコートが捲れ落ち、そこは赤茶色に・・・ハイ、錆です(>_<)。ガチョーン

20070923b

このスピードスターを購入した際、シャシが綺麗だったのが 自慢だったのに(^^;
屁垂れオーナーのせいで あきらかに痛んできています。
見るんじゃなかった、見たくなかった、いや、まぁ 見ておいて良かった・・・か。
早速 主治医が錆をゴリゴリ削りだし、コレの登場です。

20070923c

しかし・・・キリないんですよねコレ。シャシ ぜーんぶ塗りたくなっちゃう !!

そして 帰宅時間は予定を過ぎ 息子達に呆れられるのでした。

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ よく呑みやがる


ウーン 最近 オイルを継ぎ足す機会が増えてきた。

20070805

どうも継ぎ足すのは好きではナイ。スッキリしないのだ。
ゲージを見て減っていることに気付くと 継ぎ足すわけだが、その足すべく量が どうも読めない(^^;

こまめに足して行けば良いのだが、
足す→ゲージを見る→足す→足し過ぎた→抜く→抜き過ぎた
なんてことを18の頃から繰り返している学習能力のないアンポンタンは
足りなくなると キレイさっぱり抜いて 1から入れ直す、つまり 交換してしまうのが好きである。

でも 「足す」必要に迫られる前に 汚れたり粘り気がなくなったりして交換する時期が訪れるほうが断然多かった記憶がある。

ので 「足す」機会が増えた最近は 精神的に落ち着かない(^^)。
出かけ先でいつも継ぎ足していたGmund号は その後 OHと相成った。ムムム・・・

とは言え この前オイル交換したのは たしか コッパデ小海の前。その後 コッパディ東海も走っているから まぁ 減るか。
いやでも 3,000キロも走っていなくて 0.5lは呑み過ぎか。

ま、抜こ。とりあえず。

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ コッパディ東海 終わりました 3


「タクチャンが来るらしいよ」

と集合場所でGmund氏に言われてもピンときませんでしたが やはり 芸能人、オーラが違います。

財前先生も格好良かった。

今回は完全プライベートなのか 事前アナウンスはナシ。それでエントリーリストの発表も遅れたのかなぁ ??

客寄せパンダ的位置付けを余儀なくされてしまう彼等を勝手に想像し チョッとでも哀れんだ自分を反省しました。

だって2人共自走だぜ(^^)。

2日間ラリーで走り回った後 自分で走って帰って行った (^^)。エライ !! 楽しんでやがる(^^)。

今回 ミスコースを誘発するSS2で減点(加点?)されたエントラントは少なくなく、GLAY氏も100点を喰らってましたが、リザルトを見ると その 100点がなければ・・・なんと3位入賞の成績・・・ま、タラレバ の話をしても仕方ないが・・・

いやぁ でも あの2人 揃って帰ったけど・・・トヨタ2000GTとアストンマーティンDB6ヴァンテージが並んで来るだけでも驚きなのに そこから財前先生とGLAY氏が降りてきて・・・

あぁ 写真 撮り忘れたなぁ・・・

修理日記 | 投稿者 356 19:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ 序章 (^^ ?


ウインカーが前後左右4つとも点かず、ブレーキランプも左右とも点かず。
ラリーイベントが近づくと お約束のように この手の宿題が出るウチの356(^^)。

計6つもの電球が揃って球切れになるとは思えず、「こりゃ ヒューズだね」 と素人診断ヨロシク舐めてかかっていましたが、ヒューズボックスのカバーを開け、姿をあらわしたヒューズ君達全員に 「ボク達 揃って元気ですけど 何か ?」と微笑まれると もうアウト。判りません(^^

次にニラムは配線君となりますが、外れていたり切れていたり燃えていたり(^^)している線は居ない・・・

球が・・・6つ切れたのか? 同時に?? イリュージョン ???


まずはウインカーリレーを主治医にわけて貰い交換。

すると 「チッカンチッカン」とウインカーが作動 !! おぉ !!
ココは 丁度1年位前に絶命した年齢不詳のリレーから 新品に交換したばかりなのに ???


と 言うことは 2箇所が同時にトラブったの ?? そんな事 あるんかいなぁ?? と半信半疑

と、これまた 昨年夏に絶命した純正に替わり 新品を取り付けたばかりのマスターシリンダーを疑わざるを得ず まだピカピカのその部品からスイッチの配線を抜いて で、挿す。これっぽっちも接点グリスを塗る気にもならないほどキレイなのに・・・

半信半疑ブレーキを踏んでみると・・・ピカッ!! おぉ !!

なぁ~んだ。良かった良かった。やれやれ。

===

次号へ続く(^^)


・・・ そう 続くのだ。
・・・ そんな簡単には終わらないのだ ブログ読者のためにも (>_<)。

20070527


修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(11)| トラックバック(0)

■ 来週末はコッパディ東海だというのに・・・



porsche35620070524

何かそんな気がしてたけど・・・・

確かめてみたら・・・



ウインカー4つとも、

それから ブレーキランプ・・・


点いてなかった (^^;


手信号でしのぐか・・・


コッパディ東海の車検は・・・


・・・通らんだろうなぁ。
修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 燃える前にやれよ おい。


今週の日曜日、5月20日は久方ぶりの「ポルシェ356クラブ 非公式ツーリング」。そして6月2-3日は「コッパディ東海」。

さぁ 走るぞぉ !! ってな感じで、ETCの装着を企んだり 涙目レンズをebayで落札したりと、準備も楽しんでいますが、肝心要のことを忘れていました(>_<)。

20070518

折角 デブ早サンにOH済みのゼニスを譲ってもらったのに・・・

イエイエ、決して忘れていた訳ではありませんが、
キャブ交換ともなるとワタクシには大事(オオゴト)ですし、
どうせならその機会にバルブあたりも一通り見たいし
となるとまたデスビの蓋開けなきゃイケナイし・・・苦手なんです

今 とても調子がイイので あえて触りたくないんです(^^;
寝た子を起すと言うか 薮蛇と言うか ・・・ そんな失敗ばかりなので・・・

修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 時計屋としては王冠が好き


ドイツから荷物が届いた !!

20070517c

4週間はかかるって言ってたのに 落札して10日足らずで到着。
嬉しい q=(^0^)=p

============

カットレンズに換えるとそれだけで「上品」に見える。ような気がする。

前に乗っていた55クーペは 911アロイを履くアウトローだったので レンズも911用にしてほくそ笑んで居ました。12Vだったしね。

そう、実際問題コレにすると「暗く」なるのです。
クリアなレンズのままの方が明るいのです。クリアですから(当たり前か ^^;)

が、メーターライト周りのボヤ騒ぎのお陰サマで、スッキリ配線を取り直したウチの54スピードスターは とても 明るいのです。
深夜の中央道もなんのその !!

と言う訳で 「チョッと暗くなってもイイや」 ってヘンテコな理屈で、またまたカットレンズを探したところ、運良くebayで格安なモノが見つかったので bit !! めでたく落札と相成ったのです。

現在、ウチの54にはヘラのクリアレンズ。リムの調整ネジは4時8時。
アメリカ向けの54スピードスターでヘラってどうなのよ?? と疑問もありましたが、
ボッシュの9時12時のリムと筆記体レンズを買う財力もなく、
そもそもスモールも付いているので ゼンゼン PreA らしくないし・・・

「まぁ イイや」と・・・

=========

と言う訳で 時代考証や地域性を無視したウチの54SSを見て、「ウーン こういうのもあったのかなぁ???」と悩まないでくださいね(^^)。

20070517

なお 356のヘッドライトについて詳しくお知りになりたい方は コチラへどうぞ。



修理日記 | 投稿者 356 19:54 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ プラグ交換顛末 その2


手の届かないところに落っこちたプラグを救出すべく工具(マグネット)の備えがなかったので、ファンハウジングのサイドカバーを外そうと試みる・・・も、何ともこのネジが外し難い。手は入らないし メガネもスパナも首を振るスペースはナイ。
コレを外さねば キャッチボールに行けない(>_<) と 根気良く外すもそこで力尽く( ̄Д ̄)。

無事にプラグ救出後、このネジを元に戻そうとするも・・・無理(^^; 小指すら入らない・・・よくもまぁ 外せたなぁ と我ながら感心してしまった。

と言う訳で、このネジを留める為に・・・
porsche35620070502

キャブ外します(・ω・)

何かヘンだけど・・・キャブOH決定 !! ぷっ。





*しっかし 汚いエンジンルームだね
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ プラグ交換顛末 (>_<)


一昨日のブログで、外したプラグを エンジンルーム内の手の届かない場所へ落としてしまった失敗を綴りましたが、読み直してみると 文書的に どうもイマイチ。あぁ コレじゃぁ何の事だか判んないだろうなぁ と反省・・・

していたんですが、356乗りの皆サンは理解した様子。皆、「えへっへぇ」としたり顔。

「3番でしょ」
「大変なんだよね アソコに落とすと」
「ファイバースコープ貸すよ」
「ゴム付きのレンチもイイけどマグネット式のがベターだね」・・・

そう、皆 1度は経験しているよう(^^)。なぁんだ。

========

プラグを落とした後、まずは キャッチボールを済ませ(^^)、とりあえず スペアのプラグを挿し込み 主治医のガレージまで走る。
借りた道具は磁石。
主治医のところには 磁力違いで4種類のマグネットがある(^^)。
広くはない場所を探すもなかなか吊上げる事が出来ず ギャラリーはニヤニヤ。
首を振りまくる鏡と懐中電灯とマグネットを2本の手で握りゴソゴソ・・・
結局はあてずっぽ(>_<)。気付いたら 随分と手前の浅い所に ゴロリとプラグが見つかり ヤレヤレ。

========

見つかったプラグを見ると 程よい焼け。交換するまでもナイ感じ。ウム・・・カブッていただけか・・・

porsche35620070501

スッカリと暗くなってしまいましたが、帰省している red356cabサンの待つ M県Y日市市まで 調子を見がてら 湾岸道路を走る。
この高速道路は 路肩も広く見通しの良い3車線。しかもガラすき。踏める踏める 絶好調 q=(^0^)=p

porsche35620070501a

その帰り道は 適当なアップダウンが気持ち良い H名阪を走る。ゴールデンウィークの中日の深夜、ガラすき。踏める踏める。
そして〆は N高速。ココのトンネル区間は長い直線が続く。踏める踏める。気付けば降りるべき出口を通り越し 2周目?に突入。
そのうち MG J2 慣らし中のデブ早サンに出くわすね(^^)。

そんなこんなで 楽しい ? プラグ交換でした。チャンチャン
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(10)| トラックバック(0)

■ 別にブログのネタを作りたい訳じゃナイけど・・・


暦通りに出勤予定なので 休みは今日明日の僅か2日間しかありませんが、2日働けば その次には4連休が控えているので 気分的には大型連休突入 !!

早速 デブ早サンからは「J2 走らすからおいで」とお誘いが、
red356cabサンからも「帰省したから356走らすよ」とお誘いが(^^)。

が、子供達のお世話様係としては ハイハイ と出掛けるわけにも参らず、涙をのんでお誘いを断り いつもの公園まで出かけるのに356を走らすくらいしか楽しみはナイ。


そう言えばエンジンが愚図ついていたので 出発前にそれだけ点検しておくか と見てみると やはり3番の飛びが悪い。
ちょうど小海へ出かける際にスペアとして用意したプラグがあったので 磨く云々飛び越して 換えて出掛けるか となった。

が、慌ててする作業ほどヨロシクナイものはナイ。

プラグレンチが見つからず 「まぁ イイや コレで」と21ミリのボックスでプラグを外すも 引き出す前に ポトリと落としてしまう (^^; あぁぁ・・・

拾えないのである。届かないのである。迷宮入りなのであ~る。

辛うじて人差し指の先に落ちたプラグが触れるものの 抓むには指は届かず、モチロン道具は入らず ウー。
エアフィルターも外し 違う角度からも捏ね繰り回すが ウー。
子供が2人 グローブを手に心配そうに見つめる。
その友達が集まり 団地の人気者 赤いオープンカーには子供達の人垣が(^^)。

悪戦苦闘

数十分の健闘後 何とか「あと一息」的な雰囲気までなったところで・・・




消えた(>_<)。って言うか さらに奥へと落としてまった。


こうして大型連休初日の出掛け先は決まった。

porsche35620070429
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 356 帰ってきました q=(^0^)=p


配線が燃えて僅か1泊2日、356が主治医のもとから帰ってきました。
恐ろしく早い修復作業。感謝感激です。

引き取りに行ったその帰り道、コレがまたエラク調子イイ q=(^0^)=p

「イヤァ 配線取り直すと エンジンも調子イイのかなぁ??」
なんて独りほくそ笑みながら思い出しました。そうそう オイル交換した帰り道に燃えたんだ。

=====

エンジンがとても滑らかに回っているように感じたんだけど、オイルを換えた位でエンジンの変化って体感できるのかなぁ??
気のせい?? とてもスムーズに思えたんだけどなぁ・・・

一方、コレは気のせいじゃないだろう と実感したのはヘッドライトの明るさ。

ゴチャゴチャしていた配線をバッサリ処分し 引き直してくれたのが勝因??
つまり これまではキチンと通電していなかったってこと??
とても明るいのです。コレはホント。気のせいじゃナイ。

20070411

ちなみにフォグランプもとても明るいのですが、ただいま 空を照らしています。
やり直しだね。

そうそう、燃えた原因はメーター球。
1つ緩々のソケットがあり そこから電球が食み出たり引っ込んだり・・・触っちゃったんだろうね。とのこと。

この年代の356はメーター球だけヒューズを通っていないとか・・・

さぁ皆サン この週末は体を仰け反らして、配線チェーック !!

以上 反面教師でした。
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 萌え~


先々週末は富士でタイムマシーンフェスティバル、先週末は滋賀へ356クラブツーリングと 356絡みで遊んでばっかり。
来週末はコッパディ小海なので 家族サービスをするには今週しかナイ !! と しっかりとこの土日は仕事も休みました。偉い。

エッヘン と胸を張ってみるものの、考えれば小海の準備ができるのもこの日しかない。ってことで 背中を丸め コソコソと 「チョッと行ってくる」と主治医のもとへと抜けでる。

「昼には帰る」なんて言って出掛けたのに 気付けば午後2時・・・
「別に帰ってこなくてイイよ」と突き放したメールを受信 (≧_≦)。
こりゃ 晩飯までには帰らなくちゃね なんて 肝に銘じながらも 気付けば20時 (^^;

急ぎ帰路につくも バチバチバチ と メーターランプが点いたり消えたり・・・そしてモクモクモクとあがる白煙と共に鼻につく異臭・・・

ジューッ・・・配線が1本溶けました(^^; 照明関係がダウン・・・

天気予報は外れ 外は冷たい雨・・・無灯火で走るのも気が引け、取り直す配線の持ち合わせがある訳もなく あえなくローダーのお世話になることに・・・

ジューッ まだ 鼻についています あの臭い・・・

20070410

萌え じゃなくて 燃え ですね 正しくは。
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ コッパディ小海まであと5日 だっちゅーのに・・・


桜の季節もそろそろおしまいかな? と慌てて花見に出かけた先週末、
図らずも 「356と桜」のイイ写真が撮れました(^^)。タイトルは

「356と桜と
















積車」(^^?


















20070409
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ カルビ1丁


ブルブルっ 寒いですね (≧3≦)

この寒さで花見は中止。焼肉となりました。

で、舌塩に箸を伸ばしながら 「おっ アレ そろそろ届くかな ?」 と思い出しました。ら、届いていました(^^)。

20070404

ボディに穴を開けるのを嫌って、結局はクリップ式にしましたが、実は少し後悔をしています・・・(^^;

まぁ勉強不足を露呈する訳ですが、穴あけタイプは「穴を開ける」先入観から、開けた穴にボルトを通し、ボディの裏側でナットで留めるモンだと思い込んでおりました。これですと ガードを外したときは穴が丸見えですし、開けた穴からポロっと塗装がめくれたりして錆びるんじゃないか気になり クリップタイプを選んだのです。。

が、違うんですね(^^; ボディ側から立ち上がっていました。
つまり ガードを外した状態でもカッコウイイ訳です(>_<)。知らんかった。
だいたい ストーンガードを外した写真状態の写真なんてナカナカ見ないですよね・・・

ブルーメの丘で見たストーンガード付の2台、とてもとても美しい !! カッコウイイ !!

20070404a

気分が悪いのは これ、3月18日にebayで落札しpaypalですぐ送金したにもかかわらず ズーーーーーーっと届かなかったのですが、それはともかくとして、「で、どうなのよ?」と 28日に催促メールを送ったところ、届いた返事が「まぁ あわてなさんな USPSのやってるこったから・・・」とお気楽な文面、まぁ そうだよな 焦ってもな と納得してみたものの、届いたパッケージの消印を見ると 28日に発送していることが判明=3
10日も過ぎてから発送してるんジャン!! USPSはチャンと1週間で届けてる !! ウソツキ !!

ナーンだか気分が悪い。そう思うと届いたストーンガードも曇りがあるような・・・ブルーメで見たあの2台とは明らかに輝きが違う・・・ウーンウーン

なんてブツブツ言いながらも 寒空の下 さっそく取り付けてきました。おっ カッコウイイジャン (^^)v

ラリー気分が高まってきました。
そんな コッパデ小海まで あと10日の夜。

20070404b



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ ラゲッジラック -2


で 結局はデブ早サンのご好意に甘え ラゲッジラックはお借りすることにしました。

デブ早サンの秘密基地に置いてあるキレイなBカブリオレからキャリアを取り外し さぁ 取り付け !! って段になって、

アレ? オイラのリアフード、取り付け穴がナイぞ(^^; ってことに気付きました。

20070318

20070318a

K先生の53クーペにも格好良く付いていたので 年式によって付く付かないがあるなんて気にもしていませんでしたが、どうやら スピードスターとカブリオレの一部年式には こういうのがあるらしいとのこと。

「一部年式だけ」となるとこのまま残しておきたいところですが、気分的にはキャリアを付けたいばっかりなので、ドリドリの登場と相成り 53年間守られていた操に ウィーン と 穴が開けられました。あぁ・・・

誰しも356に穴を開けるのは躊躇いがあるでしょうが、ウチの子の場合 まぁ デレガンスにでるようなタマじゃないし、一生乗るからイイや。

*余談ですが 自分でウィーーンと穴を開けると ますます自分のモノになったような気がします(^^)。

ちなみに秘密基地には達磨がいました。

20070318b

素敵 (*^v^*)



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ 死角ゼロ 視界良好 ミラーマン


20070315

ポルシェ356のサイドミラーは役立たずです。そう思うのは タブン ボクだけではないと思います。特に助手席側は明後日の方向しか映しません。

そんな意味のナイものは無い方がカッコウイイのに・・・ってずっと思っていました。

とはいえ 取っ払った跡、開いた穴を埋めるコストも勿体無いし・・・

と 長い間うだうだうだうだしていましたが、今日からその考えを改めます。

サイドミラー 素敵(*^v^*)と。

コメント欄に書き込みがありましたのでご存知の方も多いでしょうが、デブ早サンが球面アクリを切り込み
イワユル 「ワイドミラー」をワンオフで製作してくださっていましたが、このたび「出来たよ」との連絡を受け さっそく取り付けてみました。 v(^0^)v 。

「イワユル"ワイドミラー"」と書きましたが 一般的な「左右にワイド」なだけのミラーではなく、球体を切り取っていますので、「天地にもワイド」なこのミラーは 背の低い356にとりましては この上なく便利です。

視界良好 死角ゼロ。リアエンドがナローでケツ下がりの356の場合、冗談抜きで真後ろまで映りこみます。最高 !!

サンザン 注意を受けていたにも係わらず 案の定 ガラスを押さえているプラスティックは経年劣化でパリパリに割れてしまったのは残念ですが、これでまた356でのドライブが楽しいものとなりそうです !! デブ早サン ありがとう チュッ。

20070315a


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ ポトリって


土曜日、主治医のガレージ・・・・・の帰り道

■トホホな事

ケミカルグッズを買いにカフェシエスタのあるオートバックスへ。

20070227

洗車グッズ大杉・・・・ありすぎて何を買ったら良いのか悩むこと30分。

なんとか買い物を終え シエスタ号へコーヒーを飲みに向かう途中 グラブを片一方落とす トホホ・・・ 広い広いスーパーオートバックス店内をその日歩いた通りに下を向いて歩き直すこと15分。

なんとかグラブは見つかったが、コーヒー片手にシエスタ号で談笑する時間はケツカッチンで5分 チーン 自由時間終了です。・・・トホホ。

またユックリ行こ。

20070227bb


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ ジワーって


土曜日、主治医のガレージにて、

■アリャリャな事

「ガスケット買っときゃぁ~」(訳:ガスケット買っておきなさい)。

と言われてしまった。

この程度の滲みなら許容範囲だと思っていたが・・・「また 燃えちゃう前にさぁ」と続くと 「Yes Sir」しか選択肢はナイ(^^;

ココをキッチリやれば バルタイや点火時期諸々も結果が出そうなのでとても楽しみ。

20070227

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ カキンって


土曜日、主治医のガレージにて、

■ウッシッシィな事

ロックポストを懲りずにゴゾゴゾ弄っていたら、カキンってポルシェらしい音でドアが閉まるようになった (^v^) 。

もう少し 調整すれば もっと良くなりそうだったけど 復旧できたのはただの偶然なので 深追いせずココで止めておきます。

20070225





修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ 週末の正しい過ごし方


仕事におわれ、つきあいを強いられ、地域活動にも奉仕し、家族サービスもこなす・・・そんな日々が続く毎日で ある日突然「ハイ、今から3時間、自由時間ネ」と言われたらあなたはどうしますか !?

って、人サマのことはともかく、ワタクシ まっすくココへ向かいました。

20070224a

土曜日の昼下がり、突然我が家に「婦人部隊」がやってくるとの事で、むさ苦しいオッサンは外に放り出されました。ありがとうございます 婦人会。

とは言え 日ごろ何かと「あそこを直したい」だの「ココをこうモデファイしたい」なんてほざいているクセに あまりに突然すぎて 心もモノも準備が整っておらず、結局はコーヒー飲んで 何かゴゾゴソ粉塵塗れになっているGmundサンを見ていたら終わってしまったボクの自由時間・・・。

ま、日ごろ「何もしない」時間なんてないから、楽しかったです。

ところで 毎日続いている Gmund氏のブログが更新されていないのは、「あまり毒じゃナイよ」と言われていた塗料を塗っていたせい?

20070224b

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 焼肉喰べた~い !!


今日から2月、今年も残すところあと11ヶ月。悔いなく生きよっ。

コッパデ小海まであと2ヶ月チョイである(まだエントリー受理されてないけど)。
思うに そんな先の予定が決まっているなんてワタクシにとっては珍しい。その日暮らしの毎日。

356のお手入れはモチロン必要だが、こう陽気に誘われるとコスメ的にも何かしたくなる。
思いつくのはゼッケンサークルとかフォグランプとかストーンガードとか・・・

200702011

スピードスターのストーンガードとしてはコレだが、あっさりし過ぎた見た目がドウモ好きじゃない。

200702012

200702013

せっかく付けるのなら ドーンと 「付けましたよ!」候なコレがイイ。

200702015

とても格好イイ。コレが1番好き。

200702014

けど、ボディに穴あけたくないなぁ・・・

となるとコレだね。

200702016

200702017

フォグランプもイロイロ。バンパーステーを利用するモノ、ホーングリルを利用するモノ・・・

穴あけたくないなんて言っておきながら フォグはこのボディマウンテングがイイなぁ。

200702018

eBayとかで買い集めるとなると 2ヶ月なんてあっという間だな。

そんな妄想膨らむ月初。

ちなみにウチの主治医宅では コレで肉を焼くとか・・・

200702019




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(10)| トラックバック(0)

■ 千里子


「ヒーターが効くようになった」とか、
「ミラーが見えるようになった」とか、

コツコツ手を加え さも前進しているようにブログに綴ったあの作業日・・・・

2歩進んで100歩くらい後退した チーターもビックリするような失敗もしていたのです。

あっ、チーターって水前寺清子ね 念のため。

ご存知のとおり 356のボディにはパネルの合わせ目がない。

故に 前後のフードと左右のドアの境目が目立つ。

最高に程度のイイ356は、この境目も隙間なくできている。

そうなるとますますボディラインが美しい。曲線だらけの356のなかでも55年までのプリAはサイドシルも内側に湾曲していたりするので特に丸味を感じる。

ので、このドアのチリが合っていないと 台無しなのであーる。

以前に乗っていた55クーペは 「そんなとこで勝負してねーよ」と開き直っちゃうくらい ドアがボディから飛び出ていたが、この54SSは まぁイインじゃないの !? と 納得できるレベル

であったと思っていたが・・・

ある日突然 「アレ ?」と気づいた。ドアがほんの少し 外に出ているのだ。ホンのチョッと・・・・
フム これ位なら と うかつに手を出してしまったのだ、禁断の・・・・ 素人触るべからずのあの場所を・・・・

って 単にボクにセンスがないだけなんでしょうけど、55クーペのドアのしまりの悪さを直すべくときも最初に手を付けたのがココ。ロックポスト。

striker plate

このプレートの取り付け位置によって ドアの閉まり具合が多少変わってくる、はずだと考え 挑戦するも一向に改善はされず、それどころかドアが閉まらなくなったりもした(そういえばSサンのカブリオレもドアが閉まらなくなって、プレゼント包装のリボンのように、ロープでシャシからグルリと356を縛って主治医のとこまで走ってきたって聞いたけど) 。何時間か経過して とりあえずはドアは閉まったが、チリは元のママ。マイナスねじ5本だけだったから甘く見ていた。もう2度とココは触るまいと誓った。数年前・・・

あの失敗を忘れていたわけじゃないが、今回は ホーンのチョっとだけ奥へずらすだけで解決しそうに見えたので挑戦してみた。

が、変化ナシ。だったので もうそこであきらめた。深追いすると失敗する。



ホーンのチョッとだけのはずなのに、走り出してみると イツもよりガタピシ音が酷い。アスファルトの継ぎ目ごとに ドアがガタガタと揺れるのだ トホホ・・・おまけにドアを閉めると バン なんて音がする。あのカキンって音はどこへ行ってしまったの ??? そう 悪化したのだ。

はぁ・・・ま、そんな2週間も前の失敗を書くしかない 何もなかったこの週末・・・

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

■ 独り言@会社


この20番を替えたいだけなんだけど・・・やっぱり窓 外さないとアカンのかなぁ・・・

20070127

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ 使ってる? 見てる? 見えてる?


「えっ? ヒーターのフラップ閉めただけ??」

と 丸1日かけての作業結果は失笑をかいましたので、もう少し「作業」したことを書いておきます(^^;

助手席側のミラーです。

20070120

年式的についていなくてもイイとか、ついていない方が格好イイとか、色々言われるこのミラー・・・

356乗りの皆サン、これ 使っていますか? 見てますか? 見えていますか??

ボクの着座位置からはこのミラーは役立たずでした。
精一杯首を振っても隣の隣の車線が写ります(^^;
運転中は必ず目視しますし、要らないと言えば要らないシロモノですが、ついていると見たくなります・・・特に車庫入れのときとかは重宝します。

ので ポチっと外してカリカリと削って ハイ 出来上がり。と 2分くらいで作業終了です。主治医サマがね(^^)。

ふ~っ・・・・

修理日記 | 投稿者 356 03:35 | コメント(9)| トラックバック(0)

■ 泣


映画を観て涙した話を書いたが、先週末には その他にも涙する出来事があった。

========

丸1日おヒマを頂戴し 足元から聞こえる異音の原因を探るべくリフトに載せられた356の下で泣いた。

だって看ても分かんないんだモン (>_<)。

主治医も誰も彼もが忙しくしており、教えを請う相手が見つからず、リフトの下でなすすべもなく立ち尽くす自分に愛想が尽きて泣いた。

が、

家族からお暇を頂戴して 356と戯れさせていただいているのに 泣いている暇は・・・・ナイ。

効いているつもりだったヒーターも、実はフラップが牛の口のようにだらしなく半開きになっている姿を指摘され、ココを直して今日はヨシとしよう。

と作業を始めるも、リンケージとワイヤーとフラップx2の関係を理解するまでに数十分を要し、「あぁ、じゃぁココをコウすればイインダ」となったころには いつもはPCに向かって垂れている頭を 今日はリフトアップされた356のお腹を看るべくあげていたので ヘルニア首が辛くなり 泣いた・・・

堪え 作業を続けるも 寒い冬、冷たいワイヤーを引っ張る作業は痛い (>_<)。コツがつかめず スプリングが利いてピンっとワイヤが弾けてピシッと頬を打つ 痛っ 泣。

見かねたZチャンがハイハイ と手伝ってくれる。
同じ作業なのに スピードが違う。仕上がりが違う。そりゃ相手はプロだが・・・自分の不器用さに泣いた。

試乗する。

1月+スピードスターであるからして、当然 過剰な防寒具を着込んではいたが それを差し引いても、暑。暑過ぎ。蒸れ蒸れ。ビーサン OK !? 嬉し泣き。

========

その翌日、しっかり効くヒーターを味方につけ、ワガモノ顔で 幌を開き走る。

「ウーン ボクってスピードスター乗りのカザカミにおけるヤツ」

とどうでもイイ事で悦に浸っていると 屋根もドアもない上手がやってきた・・・負けた(って、勝ち負けじゃないけど ^^)。

20070119

「ハイ どうぞ」と鍵を渡され 初めて運転したセブン。

356で●20Kmを出そうとする御仁のオモチャである。フツーじゃないエンジン、フツーじゃない足回り オモロクない訳がない

小学校2年生となった長男坊は、目を逸らしながら「ボク 3年生」と偽って 1人乗りゴーカートの係員をスルーして以来、
サルのように周回を重ねていたが、その血にはあきらかにボクのそれが混じっていると確信できた この屋根もドアもないクルマに乗せてもらって。

楽しくって楽しくって ドンドン 走った (人様のおクルマなのに・・・)。
楽しくて泣いたのか ? いや 単に冷たい風が顔に直接あたり 涙が出ちゃたんだね。

356に乗り換えて 帰路に着く。
あぁ、ドアがある !! 窓がある !! 「やっぱり ポルシェ356 イイッ !!」 と 泣いた。
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ オペル356


アシグルマのオペル356からも異音が (>_<)。

20070118

エンジンルームからはキュルキュルキュル・・・・
ブレーキを踏めばヒュヒュヒュヒュヒュ・・・・

点検の時期だし 朝の始動時にはバッテリーにも不安を感じ始めていた

ので ヤ○セ へ持ち込む。

と、

ハイ ご名答。

ブレーキパッド交換+リブドベルト交換+テンショナー交換+バッテリー交換

ついでにオイル交換+フィルター考案

さらにはビビっていたワイパーブレード交換+使ってもいないのに壊れている灰皿交換

チーン オーバー150,000円 ・・・・タイミングベルトはまだ大丈夫ってことなので次回にしても この出費である。
ついでに凹んだリアバンパーの修理見積もりをもらうと これが さらに150,000円 さらに倍 はらたいらサンに1,000点・・・

ちなみに ローンの残債が15万円・・・このままヤ○セで買取って貰うと20万円の査定額。

ヤフオクをみれば 「タイミングベルト交換済み!」とうたった同じクルマが198,000円・・・しかもバンパーに凹みナシ。
そういえば社用車のメルセデス 車検でお乗換えだ。3年落ちのC240のワゴンだけど確か簿価は105万・・・

ウーン お乗換えだね コリャ と 何故かニヤリとしながら カミサンに報告すると・・・・





次の次のそのまた次の車検くらいまではお付き合いすることになりそうです。オペル356・・・


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ 蒸れ~


足回りから異音・・・

ゴトゴトゴトとタイヤの回転にあわせ鳴る。
なりを潜めたなと安心すると 金属の摩擦音として再登場。
そしてそれはやがて軋み音となった。

1番最初に疑われたのはベアリングであったが、ブレーキ関係はOH済み。
ブッシュ関係か? トーションバーか・・・・方々 疑ってみるが決定打はナイ。

「時間が取れるときにゼーンブ診てみるか」

となってから早半年? は十分過ぎている。そして今日、時間が取れた。

なぜだかこういう時には早起きができる v(^0^)v
あぁ 今日で直る !! と 逸る気持ちでガレージへ向かう

その途中で気付いた。

「そういやぁ ここ最近、異音しないなぁ・・・」と。

そう、異音は消えたのだ !! ここ最近聞いた覚えがナイ。念のため幌をしてみて聞き耳立てたが 異音ナシ。でも なぜ !?

思い起こすと ダンパーを交換した直後はゴロゴロ鳴ったが、タイミングとしてはそんな頃から消え入っている・・・・


ガレージに到着すると「ハイどうぞ」とリフトを空けて待ってくれていたので、とりあえず載せて持ち上げてみた。

そういえば 自分のスピードスターがリフトに載ってる姿を見るのは初めて。

真下から見上げる356のお腹。
おっ、意外とキレイじゃん と一安心したのが正直なところ。

異音の原因になりそうなところを「ゼーンブ診る」と言っても
ブレーキをバラス力量も無いし、さてどうしたものかと 見渡す と・・・・

ヒーターのフラップがダランと牛の締まりの無い口のように半開き。
効いているもんだと思っていたヒーターも実はマダマダ暑くなる ??

=============


ま、結局 ヒーターのワイヤー調節で1日終わりましたとさ。


ご報告までに その帰り道、環状線をグルグルグルグル屋根ナシで走りこみましたが、足が蒸れるほどヒーターは効きました。

べバスト 我慢できそうです。

speedster20070113

なんか 話が明後日のほうへ行っちゃったね 今日のブログ・・・



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ おヒマ 頂戴しました q=(^0^)=p


いつの間にやらクラブのHPに 2007年の公式行事の日程が1部発表されていました。

10月の356ホリディはホストだから必須。
8月のサーキットイベントも昨年の盛況振りから参加しない手はない。

クラブイベント以外でも

6月のコッパディ東海も詳細を見るまでもなく参加意欲がわいている。
4月のコッパディ小海はもうエントリーしちゃった。ココまでは決定。

コルモラーニもどうせ見に行くだろうから だったら参加しちゃった方がイイし、
エレッセバンビーノてのもオモロイと聞いた。ツクバやモテギも走ってみたいし 例の「UnOfficialツーリング」も隔月お誘いが来る筈。さらには関西支部のツーリングもお好み焼きに釣られノコノコ出かけそうだし・・・エトセトラエトセトラ。


いやぁ 忙しくなるねぇ(^^)。

仕事と親愛なる家族の皆サマからお暇を頂戴しました。

明日 主治医宅で久々の作業です。

speedster20070112


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ ほしのあき


毎月27日は立読みに忙しい。

イツもは「CarMagazine」から手に取るのだが、今月は「NAVI」が先だった。思わず手に取ってしまった。恐るべし ほしのあき。

hoshinoaki

「CarMagazine」をパラパラ捲ると FLAT4の広告に「ポルシェ356用KONI」が載っていた。
しかも「プリA用 16,800円」とフツーに・・・
「10年ぶり入荷」の文字も「ビックリマーク」もナイ。

「入手は難しい」と思っていたのでこんなアッサリ販売されていると 拍子抜けしてしまった。もう入手済みだから要らないのに 思わずTELして在庫確認。リア用は欠品中と聞きほくそ笑む嫌なボク。

ダンパー交換は無事終了。

結局 リア2本は充分使えるとの判断から調整だけで済ませ、フロント2本が新品交換となった。

speedster20061127

speedster20061127a

4本全部交換した方がエエンじゃないかとの声もあったが、「生きている」所をワザワザ捨てるのも惜しい。バランスが悪く感じたら後ろも換えよ。

ダンパー交換の作業自体は簡単に済んでヤレヤレだったが、そのダンパーが生きているのか死んでいるのかを 自分じゃ判断できんかったところが悔しい・・・

フロントの1本は明らかに挙動がおかしかったので、コリャダメだ となったが、リアの2本に関しては「おっ、まだイケル」とニヤリとした主治医にニヤリと相づちが打てなかった・・・何を持って「まだ」が解らんかったのだ・・・

フロントの2本もそう。
ハッキリ言ってVWに乗っていたときは 新品のダンパーをそのまま取り付けていました(>_<)。新品だからと言ってアカンのね 信じちゃ。主治医はキッチリ新品の2本もバランスを取り、「ハイ」と手渡してくれた。

ウーン 結局 この辺の「具合」がわからぬ限り、ダンパー交換すら自分独りじゃ出来ないってこった・・・未熟だなぁ・・・



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ ハイ コレ その2



「ハイ コレ」

と、本人が欲しがっているモノを 忘れた頃にヒョッコリくれるウチの主治医
イツも心に留めてくれているのか、或る日突然思い出すのか どちらかは知らぬが、いずれにせよ大変ありがたいことである。

この度の「ハイ コレ」はポルシェ356C用のカブラーである。

昨日の続きになるが、
寸詰めされたステアリングコラムのリカバリー方法として「まぁ コレしかないんじゃないの?」と結論付けられていたのがこのカプラーである。

ステアリングコラムとステアリングボックスの間に挟まるカプラー、
ボクの54年用のそれとC用のそれとでは肉厚が違う。C用のほうが4センチ程分厚いのだ。コレを用いれば 単純にステアリングコラムが室内に押し出されることになり、ステアリングの位置関係の問題は解決となる。

speedster20061126

と、この問題が発覚した時点で 主治医には教えてもらっていたのだが、出来ることならオリジナルに戻したい。そもそも どうやって短くなっているのかが判らないと据わりが悪い。今付いているコラムは何用なんだろう ??? なんて考えているもんだから作業に取り掛かれずにいた。ま、ケッキョク この年式のステアリングコラムが簡単に入手できる訳もナイのだが・・・

もう1つ作業に取り掛かるまでに時間を要した理由がある。それはボクの「ビビリ」。

ネジを4本外してカプラーを交換するだけの作業だが、ココ、ケッコウ大事である。
今回 作業をしながら確認したが、ココが外れているとハンドルを切ってもタイヤは曲がらない(^^; 当たり前だが・・・
ロックナットが綺麗に曲げられ、何があっても緩まないように取り付けられたボルトとナットを外すのには勇気がいる。そんなところをオレが外してエエンカイ? と。

ま、ケッキョク 主治医がずっと横で作業を見守ってくれ、肝心なところはアドバイスをくれたので、何とかできましたが・・・
独りでやっていれば 単に長さを合わせたボルトを調達してたでしょうし (焼きの入った強いボルトを使うのが常識)、
ついでにステアリングボックスのオイル量を点検することもなかったでしょう(空っぽでした ^^;)。

昨日も書きましたが 絶好調です q=(^0^)=p 手に伝わる感覚がとても軽く感じます。厚くなったカプラーのおかげ ? オイルが適量となったステアリングボックスのオイルのおかげ ? 交換したダンパーのおかげ ? イヤイヤ 主治医の 「ハイ コレ」のおかげですね。あれがなきゃ何も始まっていませんから。



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ 1年かかって・・・


このブログの第1話で、ボクの356は 「ステアリングシャフトが寸詰めされて運転し難い」ことを書きました。

と言いますか、そのリカバリー方法が判らず「誰か助けてぇ~」と始めたのが このブログなのです。

アレから約1年。その問題はとうとう解決しました。ので
今日が最終回です。ウソ。



解決に至るまでに1年を要するほどの作業であった訳ではアリマセン。ただ 作業自体が「面倒臭」そうだったので ホッタラカシにしておいたら、イツの間にか 運転し辛いステアリングに慣れてしまって 「まぁ イイや」と後回しになっていたのです。

スッカリとこのハンドルでの運転に慣れてしまっておりましたので 今さら 正しい位置に戻すと ボクにとってはかえって「運転し辛い」のでは ? と心配しました。ハンドルが手前に5センチ近く迫ってくるからです。

元に戻し1日走った感想はと言うと、

「あぁ もっと早くやれば良かった !」

です。

ポルシェ、巧く考えてあります。何もかも。ヒッタリの位置関係です。

speedster20061125

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ ガレージ 欲しいなぁ・・・


修理すべき箇所が多々あるのに、こんな秋晴れが続く気持ちの良いこの季節にスピードスターを入場させるなんて出来ない !!

なんて事を先週末 ブログで書きました。

が、ワタクシ 風邪を拗らせ 先週は月曜~金曜まで クタバッていました。土曜日は雨 そして今日は最大風速30mを記録するほどの怪しい天気・・・・てな訳で 結局この1週間 356 ホッタラカシです。モッタイナイ。潔く月曜日に入場させていれば もう 帰ってきたかも知れないのに・・・

じゃぁ 明日の月曜日にさっそく入場 !!
といきたいところですが、今度の日曜日は友人の結婚式があり 「缶缶をカラカラ鳴らしながらスピードスターで新郎新婦走り去りたい」というお2人のご要望にお答えすべく貸し出し、その次の週末には浜名湖で356クラブの会合が、さらにその次の週末には356クラブのまたまた下見ツーリングで伊勢志摩へと行事が目白押し・・・ウーン イツ修理しよう・・・12月23日のクラブの忘年会 皆 ツナギで来てもらおうかなぁ・・・。

ガレージがあればね。少しずつはじめられるのに・・・
と 風邪引きサンは ガレージライフを読みながら ゴロゴロしています。

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ また 連れて帰ってきてしまった・・・


ダメだぁ・・・

ツーリングの帰り道、そのまま主治医のところに356を入場させるつもりでいたのに 連れて帰ってきてしまった。
コンナにイイ天気が続くと離れられない(≧□≦)

speedster 20061105


懐かしい写真も出てきた(*^^*)

speedster 200611051



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(1)| トラックバック(0)

■ シンジ ラレ ナ~イ


356が雨に濡れた場合、ササッとボディの水滴を拭き取りガレージに戻し、次に晴れたときにしっかり走りこみ乾かします。

先週末の大阪ツーリングの帰路でも雨に降られましたが、その際も 同じように水滴を拭き取りました。でもソレっきり。何時ものように虫干しドライブは実行せぬまま。足回りからの異音も気になり、とうとう先週1週間は通勤にも使わず、つまりは地下のガレージに入れっぱなし。にすること6日。

今日 久しぶりに乗ってみると・・・クンクン・・・・この臭いは・・・・ナニ?

「黴臭い」ってのがどんな臭いなのか知りませんが、湿気クサイというか・・・今までに嗅いだことのないオイニーが356車内に充満。めくれるだけのカーペットをめくってみるもののカビらしい箇所は発見できず・・・

でも でも ・・・ カーペットが湿ったまま地下に6日間放置・・・・
やっぱり カ ビ ?

そんな 33566km な今日このごろ。
35620061028




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ ポロリ


北米で最大のポルシェ356コミュニティー「356Registry」から送られてくる会報誌には「コレな~んだ?」系のカルトクイズがあります。

356に使われているパーツの写真を見て、それが何の部品であるかを当てるのです。回を重ねるごとにコアになってきました。最近では「ドラムブレーキ車用のハンドブレーキのケーブルを纏めるヤツ」とか・・・


先日 走行中に「ポロリ」とコレが落ちてきました (・∀・)

35620061025

ダッシュボードにある「speedster」のエンブレムの裏辺りから・・・・

「コレな~んだ?」って、サッパリ心当たりがアリマセン。

「356Registry」のクイズと違うのは、コチラは長い年月の間に純正以外の部品が沢山使われている事です。つまりはコレが356の部品ではない可能性も高く、たとえば30年前にアメリカ人がチョッとの間だけ取り付けた汎用カップホルダーのステイ用の・・・・なんてことなら判るはずもありません。

くまなく探しましたが、この部品の相手となるようなところは見つけられず、またコレと同じくして落っこちてきた部品も無いようです・・・。
気になるなぁ・・・・


気になる「ポロリ」と言えば、先週末の大阪遠征でもありました。

まずはココ。

356200610251

高速道路を2時間程走り休憩したSAで いつものクセでエンジンルームを覗いたところ、ネジがポロリと外れていました(*o*)。確かこの前燃料ポンプを換えた時に ココもシッカリ締め直したはずなのに・・・


そして帰り道にはココもポロリ・・・( -ω- )

356200610252

雨の名阪を走ること2時間、途中からワイパーの挙動が怪しくなってきました。
2本のワイパーの動きがバラバラになってきたのです。
そしてとうとうナビ側のワイパーがバタリと息絶えたかのように窓の外にはみ出して止まりました(^^; 「アリャリャ」となった時は 運良く料金所でしたので、クルマを停めたところ、「ポロリ」とワイパーアームが根元からはずれました。


「ポロリ」はオッパイだけでイインですが・・・

前の356の時にもVWに乗っていた時も ボルト系のポロリは思い出せません。

このままオイルドレン ボトリ、とか ミッション ボトリに発展するのでは?? と気が気じゃありません。



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 今週末は356クラブ ツーリング !!


ココのところ 自分の356のことを書いていません。なぜなら絶好調だからです。



って言えたらいいのですが、実はまったく逆で、見てみぬフリをしている不具合が沢山あります(^^;
「朝 起きたら 直っているとイイなぁ」なんて小学生レベルで考えています。


1つは足回りから聞こえてくるコトコト音。

長いことなりを潜めていたのですが 復活しました。しかも 金属異音も併せて再発です。錆びたディスクブレーキのクルマを無理矢理走らせたときに出るようなスキール音・・・


そしてへたりきっているショックアブソーバー

車高が低くなってカッコウイイジャン なんてレベルは通り越し、
イイカゲン トーションバーに悪影響を及ぼすのでは !?
なんとかせねば・・・でも プリA用のショックって売っているのかなぁ???


さらにはゼニスのキャブレター

ジワリジワリとガスケットがガソリン色に滲み精神的に辛い。
同調が取れておらず ポンポン言いながら走っていますが、結局はそういう状態だからこそガソリンが溢れ 弱ったガスケットから滲んでくるんだろうなぁ・・・

35620061019

と 改めて書き出すと 「オイオイ 乗っていてエエンカイ?」 ですね・・・

とりあえず日曜日は大阪まで行ってきますが・・・戻ったらやりますか ジックリ。


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ ポルシェ356 ステアリング考


サーキット走行会を終えて1週間、ウチの356は再び通勤ムーバーとして活躍しています。
オイル交換どころか エアーすら見てあげらていないのに健気なヤツ・・・。快調です。

ところが1つ困ったことが・・・

このブログに何度も登場しているステアリングホイルの問題です。
サーキット用に小径のレカラを装着しましたが、これが一般道でもイイ~んです(川平調でお願いします)。
大きさ、高さ、太さ、位置 どれを取っても イイ感じ。

3562006090222

「カッコウ悪い」とあれだけ嫌っておきながら・・・もうコイツなしではやっていけない ! は、ちょっと言い過ぎですが。

ビートルに乗っていた時も ナルディ、グランツ、momo、アバルト エトセトラエトセトラ・・・ 大きさ違い素材違い、イロイロなステアリングをトライしましたが 結局はこの「レカラ」が1番シックリし、長~いこと愛用していた自分を思い出し 「356もコレでイイジャン」と言い聞かせているのですが

・・・・似合わない・・・時代考証とか・・・大事なのかなぁ・・・


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ PreA と A と 【続編】


積車のお世話になってから1週間。
帰ってきました356。
嬉しい q=(^0^)=p

35620060821

「良かったね 間に合って」と主治医夫人よりお声掛けいただく。

・・・・・そう 間に合ってしまったのだ。

今週末はサーキットイベント。
実はケッコウ ビビッている ボク。
って言うか準備不足。人もクルマも。

=========================

結局 マスターシリンダーはNサンから譲っていただいた A/B 用の デュアルサーキットのモノを装着。
PreA とは 要するに長さが違う為 加工を要したとのこと。

「要するに」と書いてしまったが、主治医は素人相手でもシッカリと要約せずに「どこをどうした」とその修理内容を教えてくれる。キチンと理解することにより 356が楽しめると言うわけだ。

今回のマスターシリンダー交換も、「どこがどう長くてどう干渉したからどこをどうしてどう加工した」 と教えてくれる。「コイツ アホやから 判っとらんかも」と気づくと 図解までしてくださる。

が、「加工した」「手間かかった」系のフレーズが出ると すぐに工賃の心配をしてしまう貧乏性。折角の説明もうわの空となってしまい 結局 「まぁ 直ったんだからイイや」と工賃以上に値打ちがあるはずのレクチャーも頭に入らない。これじゃ成長しませんナ。と自嘲し反省してみます。

=========================

55クーペの時は マスターシリンダーのすぐ横にタンクをつけたが、今回はトランクルーム内に装着。点検もし易く助かるが・・・ちょとシャビー過ぎるネ このタンク。点滴みたい(^^)。

35620060821

と言う訳で 精神的に効果大のこのデュアルサーキットタイプのマスターシリンダーはお奨めです。



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ プリAとA・・・


356は積車に積みっぱなし、まだブレーキの不具合の原因は特定できておりません。

願わくば ホースが破れた とか ブレーキオイルが空っぽだった とか そんなレベルであって欲しい訳ですが、とは言え 楽しみにしているサーキット走行会まではあと10日。ノンビリもしていられないので サッソク マスターシリンダーのOHキットをヤフオクとかで探し始めて 「あっ そういえば !?」と思い出したことが1つ !!
ポルシェ356パーツショップ 「klasse356」がここ数年 がんばって売っている「マスターシリンダー デュアルサーキットコンバージョンキット」が1セット余っているゾ !!

かれこれ5年前、当時乗っていた55クーペのフロントブレーキをディスク化した際にこのキットを要しましたが、オーダーの際 Nサンが便乗してくれて、Nサンご自身のS90用に購入したものの そのまま眠っているキットがある筈。

どうせパーツ交換するのであれば よりイイモノにしたいのは常。特に「デュアル」なんて言葉はワーゲンに乗っていた頃から弱い。「デュアルクワイエットマフラー」「ツインキャブ」etc・・・ 英単語的にはゼンゼン違う意味なのだが、「デュアル」「ツイン」「ダブル」なんて言葉がつくと「偉い」「スゴイ」と刷り込まれている。大人になった今も 「ダブルコンパニオン」にはやられっぱなし(*^v^*)。

========================

さっそくNサン宅に押しかけ部品を入手し 主治医のガレージまで届ける。ウッシッシ 我ながら迅速なる対応 スバラシイ。あとはプロの手によりインストールされるのを待つばかり。

35620060817

と、ところがドッコイ このブログをまとめるにあたり 「klasse356」のHPにアクセスしてみると・・・このキット、同じドラムブレーキ用でも「PreA用」と「A+B用」があるぞ !! ムムっ ダメか? どこが違う PreAとA ???

356200608171






修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(5)| トラックバック(0)

■ 久しぶりの積車です(^^;


約3週間ぶりのブログ更新です。

ネタを拾いに(って訳でもありませんが) 仕事帰りに主治医のガレージに寄りました。

相変わらずGmundサンがペダルカー作りに精を出し、潜水艦のA山サンも軒先でBBQ。ロックンロールな人達のあいかわらずの日常です。
ガレージの中では コンクールデレガンス優勝実績もあるコンバーチブルDロードスターにいつの間にやら大きいエンジンが積まれていたり、珍しい右ハンドル356のガソリンタンクを眺めたり こっそりワイドボディ化されたCクーペに感服したり と 短くとも濃い時間を過ごすもののネタ的に食指は動かず・・・・


その帰り道のことです。
「あれれ、ブレーキの踏みしろってコンナにあったかなぁ??」
といつもと少し違う感じが右足に伝わりました。
ストップ&ゴーを繰り返し違和感を確かめていた何回目かの信号待ちでブレーキを踏んでいると、

すぅぅぅぅっ っと右足を乗せたブレーキペダルがフロアに吸い込まれるようにペタッと逝ってしまいました。

ありゃ

信号が青に変わり 恐る恐る走り出し ブレーキを踏んでみると・・・・

スカッっ

と まったく効きません (^^; 止まりません ヒェーッ

サイドブレーキを引きとりあえず止まりましたが・・・・ はぁ・・・・

アクセルケーブルが切れたときはそのまま走って帰りましたけど サイドブレーキだけではチョッと心許ないので・・・ローダーの登場です。

35620060816

こんなネタなら 要らないのに・・・・




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ ハイ コレ



「ハイ コレ」

と主治医から突然部品を手渡される時がある。

今回の「ハイ コレ」はコレ ↓

35620060621

STODDARD とかで 50ドル弱で買えるパーツだが、パーツカタログには「for 356A&T5B」と「for T6」の2種類しか記載されておらず、54年プリAはアカンのかなぁ? と それほど無くちゃ困るパーツでもないので、調べもせずにいたが・・・

「欲しい」とか「探している」とか言った覚えはないので、きっとパックリ口を開けて止めていたときに「ふーん」と気づいてくれていたんだろうなぁ。

356200606211

はめてみると ピッタリ (^^)。あるべきモノが あるべきところにあって気持ちが良い。

356200606212

リプロかオリジナルか そんな問題より、こうして気にしてくれている人がそばに居るってのが心強くて気持ち良い。

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■タコ


タコメーターが帰ってきた !!

35620060620

機関的な修理だけを依頼したのに、リムからガラスから綺麗に磨いてある。ピカピカ q=(^0^)=p 気持ちイイ !!

356200606201

あそこに出すとピカピカになって帰ってくる」話は聞いていたので、じゃぁ 3つまとめてOHに出すか ! と悩んだが、結局 タコもなく油温も判らぬまま走るのは怖い !! ことから、今回はタコだけお願いした(アドバイスくださった方 許して >_<)。ヤッパリ 3つまとめて頼んでおけば 今 喜びも3倍 ?

依頼から完了まで僅か1週間チョッと。
週間天気予報を読んで、次の雨続きの頃に 残り2つ出そう。ウン。

しかしタコの動きがスムーズ !!
なんだか スッゴイ調子の良いエンジンみたい(^^)。






修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ で、お幾らですか ?


「弘法筆を選ばず」だが 正しい道具を正しく使い作業をすることにより 効率は高まる。

主治医のガレージの軒先で作業をする際には 主治医の道具を拝借するわけだが、サスガは本職! 直すべきところにピッタリの工具が揃っている。例えばS字型のメガネレンチなど まさしく「痒いところに手が届く」工具だ。

しかも「そこはコレがイイよ」「それはコレだね」と 主治医がこちらの作業を見ながら 工具を手渡してくれる。

今までメガネレンチの首の角度など気にもしていなかったが、ホンのチョッとのことで届かなかったところに届いたり、余分な力をかけずして外したりできる。作業がスムーズになるばかりか、パーツを傷める心配もない。スバラシイ。

そのすべてを揃えるのは大変だが どうしても欲しかった道具がコレ。

35620060609

マグネット付きのドライバーは重宝する道具の最たるものだが、
これはワッシャーも一緒に 手の届かないところまで運んでくれる q=(^0^)=p

356乗りの方ならお判りだろうが 「燃料ポンプの下のプレートの奥っ側」って、ワッシャー落ちちゃって大変じゃないですか !!
って、356だと タブン ここでした使わないようなこのドライバーですが、不器用なボクには必須アイテム。

356200606091

ホームセンターから東急ハンズから 熱心に探したが見つからず、
ひょっとして主治医の自作パーツか? と思い聞いてみると「アソコにあるよ」と教えてくれた「アソコ」は 昔からお世話になっているネジの専門店。

ネジならなんでも揃うこのお店。
ネジを求めてあらゆる業種の職人達が集まり 専門用語が飛び交い スタッフもお客もコワモテの集うこのお店は ドシロウトには敷居が高そうだが 意外や「これと同じネジチョウダイ」と現物を持っていくと とても優しく ボクもカレコレ20年は通っている。

なるほど ネジの専門店だから ネジを締める道具も揃っている訳だ。気付かなかった。

さっそく覗いてみると あらゆる種類 あらゆるサイズのドライバーが並んでいるラックの1番下の1番右 ( にあるよ と主治医が教えてくれた)にホコリまるけで置いてあった。

見つけた嬉しさが勝ったので 口外しなかったが 「キタネー」。
仕入れたのはタブン 昭和だね。まずはこのドライバーからレストアだね。ってくらい ホコリまみれ。ヒドイネー 安くしてよ って、だいたい この値札 読めねージャン。

356200606092

結局 言い値で買ってきた。ほら だって コワモテだから。

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ ポキって ・・・


「タコメーターの針が折れたって ???」

と、昨日のブログを読んだ方々からの問い合わせが相次いだ。

「ポルシェ356のメーターは回転を上げ過ぎると折れる」

そんな訳はありませんのでご安心ください。ちゃんと折れた原因があります。
メーターの芯にある磁石とカップの関係が不適切であったのを知りながら怠けていたおバカなオーナーのせいなのです・・・。

================

それまでの不具合の症状としては2パターン。

1つは アイドリング時、エンジンの回転に関係なく 針が1,000rpm-3,500rpm あたりで ピョンピョン飛び跳ねる。
この症状は アクセルを踏み 回転が上がると解消されました。

もう1つは これまたエンジンの回転とは関係なく、走っていようがいまいが 5,500rpm あたりまで針は行きっぱなし。そして キーー っと 黒板を爪で引っかいたような 耐え難い厭音が出っぱなし。

共にケーブルを少し引っ張ったり、持ち上げたりしたり「微調整」すると治まりました。

これは 色気が出て タコメーターを少し斜めに傾け(レッドゾーンを真上にしたり、0rpmが真下に来るようにしたり)取り付けてみてから発病。
それまでは メーターとケーブルと磁石の絶妙な位置取りのおかげで偶然調子良かったんでしょう。

何度か発作が起きるたびに その「絶妙な位置」を覚え、正常な状態に戻すツボを知ってしまったので、キチンと直さず その場しのぎで乗り越えてきたのです。

が、先日のツーリングの帰り道で、とうとう発作が治まらなくなりました。
キーーーーーーっという厭音を消すため でもドライブを続けながら タコメーターの後ろに手を回し、ケーブルを捏ね繰り回し 着地点を探します。

ウリャ ウリャ どうじゃ どうじゃ ・・・・ ポキっ

アホです・・・ ボクはアホです。

============================

メーターは日本計器サービス サマへ入院。

キレイになって帰ってくる予定ですが さて質問。

運転中 メーターは目の前にあり 絶えず視界に入っています。
3つ並んでいるメーターの1つだけがピカピカだと気になると思いますか??

メーターは3つ揃ってOHが基本 ?

35620060608





修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ ちゃぁぁ~~

ちやぁ~ といってもcharじゃナイ。竹中尚人じゃナイ。たむけんである。
最近 どうも「たむらけんじ」や「くまだまさし」が気になる。
子供にはもう少し上質な笑いで育って欲しいが 親子で「ちゃぁ~ ちゃぁ~」言って笑っている。

笑えないちゃぁ~もある。ウチの356の燃料ポンプがちやぁ~である。

先週末は天気予報がはずれ 大変気持ちのイイ1日であった。
さっそく 虫干しがてら356で走り回ったが イロイロ不具合が発覚。

1つは燃料ポンプからのお漏らし。ポンプの天辺からはガソリン、下部にはオイルのリーク跡が・・・

35620060516

2週間ほど前に1度お漏らしの跡を見たが その後は収まっていたので見なかった事にしていたが(^3^)、また燃えても拙いのでガスケットを探しに主治医宅へ。すると
「ハイ」とOHキットがあっさり登場。

自宅からクルマで15分の距離に ポルシェ356の燃料ポンプのガスケットが常備してあるガレージがあるって、相当幸せ q=(^0^)=p

356200605161

ポンプを外すのは面倒臭いので(←ダメですね こういう考え)とりあえずダメモトで増し締めして様子をみる。ところがナント その後 順調。止まった??


不具合2つ目は 1週間ほど前から気になり始めた足回りから聞こえてくる「コトコトコト」という異音。

停止間際にタイヤの回転に合わせ聞こえてくる(走行中も聞こえないだけ?)この音、
ベアリングかなぁ??? なんて言いながら ジャッキアップしタイヤを手で回したり、エンジン掛けて回したり、実際走ってみたりしても ウーム ベアリングじゃなさそう・・・
最悪 ドラムの変形もあり得るとの見解に 血の気が引く。

16インチのドラムなんて手に入らんぞ・・・
と蒼くなりながらも頭の中では912のディスクブレーキを一式余している人の顔を思い浮かべニヤついたりしている。

ところがジャッキを降ろし 走り出してみると 異音が出ない・・・・順調。止まった??


3つ目はアイドリング。

たまに回転が落ちない時がある。
アイドリング状態であがりっぱなし。ゆっくり落ちてくるときもある。正常な時もある。不安定。

2週間前にエンジンルーム側はリンケージやらスプリングやらを正しく取り付け、気持ちの良いアクセルワークを楽しんでいたので、今回はおそらくはペダル側???
まさか ひょっとしてキャブ??

なんて不安に慄きながらアクセルペダルをペロッと手前に捲ってみたところ それっきり安定した。直った??


と いずれもそんなことで直る訳ないわけだが、症状が出ていないと 怠けて走り続けてしまう・・・。

アカン 機械は正直。肝に銘じよ。





修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(3)| トラックバック(0)

■ ゴールデンウィーク総決算

キャブレターのリターンスプリング、皆サンの356には正しくついていますか?

またチョンボ話しの告白になりますが(^3^)、ボクの356、スプリングがヘンなところに引っ掛けられていました。片方、引っ張られていなかったようです。
同調だナンダ、イロンナ話しが出ましたが、何てことナイ、スプリングを正しく取り付けただけで スッゴク気持ち良くなりました。

GW初日4月29日にプラグを交換し 30日には点火時期やスロー調整がなされご機嫌の356。でもケッキョクはそれっきり。出足は快調であった今年のゴールデンウィークもほとんど356と戯れることなく今日でおしまい。

でも スプリング1個ですが、とても気持ち良くなりました。

明日からの通勤が楽しみです。

35620060507





修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク 如何お過ごしですか?

作戦通り 嫁と息子を里帰りさせ、独身気分で毎日ガレージに通う某氏を羨みながら せっせと家族サービスに勤しみ「良いお父サン」を演じ、自動車税を家計から払ってもらおうと企む小さいボクです。

暦通りにすら休むことも難しい零細企業勤務ですが、なんとかこの3日間は仕事を忘れ子供達と過ごしました。

キャリアから彼等の自転車を降ろし、チンタラ子供用サイクリングコースを走っていると 「プップー」とCキャブの車検の為 9時間かけて帰省してきたS藤サンより着信。

「走ってたらさぁ 後ろから赤いSCが追っかけてきてさぁ」と、 と・て・も 楽しそう。さらに「そこからなら30分だよ」とコチラの状況を知った上でのお誘い。オニィ(>_<)。

でも バッタリ356と出くわし、そのまま2台でランデブーってスゴイ幸せなGWだよね。羨ましい。

さぁ 明日1日仕事して、明後日は356で遊ぶぞ !!

へっ? 雨??







件のSCはLEDを使ってウィンカーを増設。安全でイイッスよね。
35620060505
因みにこのSCはキーレスエントリーもついているらしい。今度教えてもらお。


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ 自動車税

「払え」と自動車税の納付書が届いた。2台分。

1台はアシグルマ。 1,600ccながらも全幅1.7m越えのため3ナンバー。
もう1台は356。 1,600ccの5ナンバー。

3ナンバーのアシグルマが39,500円、5ナンバーの356が43,400円。
まぁナンバーの種別で税額は決まらないぬが、同じ排気量でありながら 小さい356の方が高いってのが理解でけん。

古いからしょうがないのか。
1945年以前の製造車であれば「ヴィンテッジカー」として減額されるそう。
1954年じゃぁ あおい ってことか(^^)。

まっ でも 何リッターのエンジン積もうと 前の55クーペは1,300ccで登録してたし、VWも1,200ccで登録していたからおあいこか。


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ 009

デスビを009に交換した。

009は356のフォーラムなどではあまり評判がヨロシクナイ。進角特性の問題で「気持ちイイ」ところが少ないからだ。

確かに調子はいまひとつ。ウーン 難しいねぇ。
イロイロ とスッキリしないながらも 前の010ってデストロビューターよりは断然調子はイイので 「こんなモンか」と走ること2週間。通勤途中で今までにない症状発生。踏み込むとガス欠直前のような つまりはガソリンが届いていないような そんな感じ。でも低回転ではチャンと走る。ガソリンもチャンと入っている。えぇっッ ? キャブまで詰まっちゃったのぉ??? と途方に暮れる。購入以来 その脱穀機のようなエンジン音も気になってはいたが、はぁ・・・

でもチャンとフツーに走るときもある。症状は出たり出なかったり。

主治医にTELしアドバイスを求めると 「フーン、まぁ点火系だねぇ。キャブはナイナイ」との返答で一安心。「ポイントかなぁ・・」なんてヒントまで頂いたので、甘えた声を出してみるものの 「まぁ 順番にヤルだわね」と精進せよとのお心遣い(^^;

と言う訳でポイントを買いに近所の「ガレージ Bイン」へ。

順番に見ていくと、ポイントはOK タブン。
チョッと芯がカサカサしてたけど、隙間もOK タブン。

次はデスビキャップ。ありゃ? 随分とグラグラするなぁ。
そういえば 009ってオレンジ色のキャップのはずだけど コレ、356と同じ茶色だなぁ・・・昔の009はこれだったのかなぁ・・・(因みに今は黒色)。
裏を覗くとカチッとはまるべく形状になっておらず 「これが原因じゃぁ!!」ととっとと結論付け 009用に交換。一気に356のエンジンルームっぽくなくなっちゃいましたがいたし方アリマセン。

エンジンを掛けてみる。 でも「どうも今ヒトツ・・・」・・・

キャップの裏側、プラグコードの差込口ともに腐食しているようなコンナようなモンだったような・・・
プラグコードも怪しいのかなぁ??? と1番を抜く。あぁ・・・汚い。
2番を抜く、あぁ(-_-)汚い・・・あれ? 2番抜いてもアイドル変わらんぞ(^^;

ハイ ご名答。2番です。
抜いてみるとマックロ焦げ焦げ そして・・・5番が付いていた(^^;
みんな ( ̄▼ ̄;) コンナ顔になってました。

車検取得翌日に出かけたツーリング以来2ヶ月、あれだけ点火系に悩まされていたハズなのに そういえばプラグすら見ていない。アホです。

と言う訳で6番に交換(7番でもイイの??)。

するとすると !!!! あぁぁ ポルシェの音だぁ !!!

タブン・・・(タブンばかりですネ)、010のデスビでもプラグ換えときゃ済んだ話だったかも。

スゴーイ !! 回転スムーズ !! 走る走る。チョロQ みたいなスタートダッシュ。
「スピードスターはSCよりも早い(0→60mph)説は本当だったんだぁ!!」と泣けてくるくらい調子イイ。

こりゃ Nサンの言うとおり 050 に替えたら もっとイイかもね !!

スッゴーイ X50kmを超えてもまだ踏みしろがある!!

いやぁ 今まで何かするたびに「スゴイ これで絶好調」なんて感動していたが、まだまだだったんだなぁ・・・

下から上まで絶好調 !!

えっ?? 下から上まで??? 009 で ???

35620060502

つづく






修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ 356三昧

日曜日のツーリングは楽しかった。
でも1日中風にあたり1日中陽に照らされていた訳だから、ケッコウ疲れた。お腹イッパイ。
月曜日疲れた体と頭で仕事を何とかこなし、1つ寝た火曜日の朝、プルルルル・・・ガガガガ・・・と1枚のファックスが届いた。

「次のツーリングは6月4日で~す(^^)」

す、スゴイ元気(^^; ・・・ 鍛えなきゃ 人もクルマも・・・。
修理日記 | 投稿者 356 09:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ 100万円 儲かった !

主治医のガレージの軒先でゴソゴソと燃料ポンプを外す。
この日の作業の主役はデストロビューターなので、外した燃料ポンプはゴロリとトレイの上に置く。

通りかかった主治医が「おやっ?」とそのポンプを手に取り

「おかしいねぇ」とひと言。

なんでも燃料ポンプの下っ側 デスビからのプッシュロッドが来るロワーハウジングがキレイすぎるらしい。

フツーはコンナ感じで↓適当にオイルが塗れているらしいが、オイラの燃料ポンプは「ハイ、ただ今洗浄が終わりました」と言わんばかりのキレイさ。

35620060415

って言うか、燃料が降りてきちゃって洗浄されていたのだ。ココに燃料が降りてきたってことはオイルにガソリンが注がれていたということ。

どぉーりでオイルが減らないと思った(>_<)。

気付かずにいるとシャビッシャビのオイルとなり 果てはエンジン焼け付き・・・チーン。
100万円儲かったというか・・・助かった。

主治医が原因を探るとダイアフラムとその真ん中にあるピンにホンの僅かな隙間があった。目視は出来んレベルで・・・

356200604151

オイルの量だけじゃなくって粘度も見りゃイインだね。ってそんなことは基本か。車校で習ったな。



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ チッチキチー

先にキチンと確認すりゃ良かったのに、とっとと作業をはじめました。

デスビを外しフェールポンプを外し さぁ 問題の箇所 クランクシャフト側からのドライブシャフトを ワッシャーをエンジン内部に落とさぬように外す ・・・前に

まずは手鏡を使って仕組みを確認。すると・・・・

そこは何度も見た場所なのに あぁそれなのに・・・
どう考えてもオフセットの向きは合っている。手前が狭い。今日のこの日のために何度も読み返したモノの本に載っていた「正しい」向きだ ???

結論から言うと、デスビが356用じゃナイ それだけのこと。

35620060414

「BOSCH」プレートの下にコブがある。

デスビを「正しい向き」に取り付けるとこのコブが燃料ポンプに当たるのだ。

主治医のガレージに転がっている30個近くのパーツ取り用デスビを見ても この位置にコブがある356のデスビはない。

54年の場合 ホントは 「383」って呼ばれるデスビが正解。キャップがフラットになっていて、コードが横向きに出てくるヤツ(だと思う)。でもオイラの54年は Bのエンジンだから「18」ってのになる。

それぞれに「VE 4 BRS 383」とか CやSC とか高年式の356には「0 231 129 022」とか品番があるが オイラの356に装いていた下コブデスビは「0 231 129 010」? 「010」? そんな奴はおらへんやろォ チッチキチィ・・・。

品番からすると その当時のデスビだろうが、その当時 この手のデスビを使っていたのはメルセデスとかMGとか・・・さっそくBOSCHのアーカイブを見てみても・・・膨大すぎてワカラン。

結局 前オーナーか前々オーナーかは知らぬが、苦労して苦労してデスビの外側だけ反転させ、干渉を避けたのだろうという結論に達した。つまり見てくれは反対だけど中身は正解だった訳だ。

と言うことで、このまま戻して使っても点火の順番とかはOK。
でも 高速回転の伸び悩みの原因がココにあるのかも?? って話になり 主治医のところに転がっていた009を拝借。当面はコレで楽しもう。

009って・・・ビートル乗っていた時も使っていたけど チューニングエンジン用ってイメージがある。ウェーバーにピッタリなんて言われていたけど、カム換えなきゃ意味ナイよって先輩に教えてもらった記憶がある。モノの本を読むと 「ノーマルの356に使っちゃアカンで」みたいな記述もある。英語なので「アカン」のか「意味ナイでぇ」なのかが判らず残念。「アカン」のか? ご存知の方 教えてぇ !!!!!!!

356200604141
↑12年前(^^) ハワイアンっぽくリアフードなしで走ってたけど 長袖長ズボンじゃアカンだろ。吉牛の駐車場だし・・・チッチキチィ
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ チャンとしようよ チャンと。


デスビが180度反対に付いていたウチの356・・・

プラグコードを差し替えればイイのか? 一体全体どういう順番で点火してんだ? と訳が判んないものの なんだかそれなりに調子は良い。

元に戻す作業は簡単そう。デスビのシャフトを受ける側を180度ひっくり返し、オフセットをデスビと合わせれば良いだけ。それだけ。

でも・・・・デスビを外し燃料ポンプを外すとその受け側「DrivingDog」に届くが、それを外すためにグロスピンを抜くとクリップやらワッシャーやらを落としてしまう確率が高いらしい。そうエンジンの中に(^^;

落ちるとエンジンを開ける羽目になる。そうとう不器用なボクはそんな話を聞くと二の足を踏む。「カンタン カンタン」と皆 言うがどうも顔がニヤついている。

「今 調子がイイからまぁイイや」

はヨロシクナイ考え方だ。

「機械は正直だから」と日頃主治医にも「キッチリ」やるよう言われているが、またデスビを外すんならクランプも新品にしなきゃ とか思いながらも調子がイイと結局ホッタラカシ(^3^)。

そんなツケは必ずまわってくる。

16日 「大正村をクラッシックカーで走ろう」なるイベントあった。
距離的にも内容的にも丁度イイと思い、購入して4ケ月、車で5分もかからぬ距離に住みながらもまだ1度もこの356を見せていなかった父を誘い参加を決めた。

356200604132
↑父 20年前(^^)

その前日 会社から戻りガレージにしまう頃からアイドリングが安定しない。
ゲゲっとデスビに手を当てると・・・・まわる(>_<)。
夜の団地の駐車場で356の点火時期調整はご近所迷惑なので、当日の朝 早起きすることを誓い 就寝。

で、イベント当日、「寝坊した」なんて落ちはないのだが、早起きしてデスビを引っこ抜き、クランプを叩き(まだ「削る」に気づかなかった)、「勘」で点火時期を調整するもシックリ来ない。とうとう時間切れ。
イベント参加を取止めようかとも考えたが 父は楽しみにしていると聞いている。

グズりながらも高速に乗る。走っていて気持ちが悪い。イキナリPAでストップ。調整。

「コンなもんか」と走り出すモノのやはりシックリこない。で、次のSAでストップ。調整。

また走りだす。アカン。全然アカン。高速バスの停留所でストップ(反則です)。調整。

次のSAでも調整し、料金所でも調整し、下道におりてからは スペースを見つけては止まり 調整。

している間に 目的地に到着。

帰り道も同様・・・・とうとう帰宅するまで ずっとパンツのゴムが緩んでいるような 座りの悪さ。

オヤジは「コイツ またコンナ車 買って・・・」と愚息を哀れんだに違いない。

ガマンならず ダマシダマシ 主治医の元まで走る。

すでに夕方5時・・・カクカクシカジカ と説明すると 失笑しながら「オレなら2時間、君なら4時間」と教えてくれたので、日は傾き始めていたが、主治医のガレージの軒先を借りて 作業スタート。

つづく(^^;

↓うな垂れている訳ではなく覗き込んでいるだけッス。
35620060413
photo by 「ペダルカー製作に来ていた」Gmund サン



修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

■ ピットストップ

車検を受けた翌々日に出かけたツーリング道中でピットストップを余儀なくされた 事をお伝えしましたが、その続編です。

その日のブログに「止まった理由はこのエンジンルームの写真にあります」と書きましたが、お判りになりましたか?

ハイ そうです。デスビが逆さまに付いていますね(>_<)。
フツー手前側に「BOSCH」のプレートが来て、コンデンサーは裏に回ります。そんなことに気づいたのはトラブルのあとでしたが・・・

でもピットストップした原因はこの「前後ろ反対」ではなく、デスビを留めているクランプが緩みデスビ自体が回転し、点火時期が狂ってしまったことです。

朝は調子が良かったのですが 走れば走るほどパンパンとバックファイヤーが出るようになり、回転も上がらず・・・主治医にTELし状況を伝えると「あぁ デスビが回ってるね」と即答(サスガ)。

さっそく締めてみたのですが締め切れない・・・・きっと何度も締めたり緩めたりを過去の歴史の中で繰り返したのでしょう。クランプ自体が変形していました。
ので デスビをスポッと抜いてクランプを板金です。高速道路料金所横でしたが(^^;

ハンマーとペンチを用い トンカチトンカチ形を整えて 元の鞘に戻し点火時期を合わせピットアウト。その後は気持ち良く回り楽しい1日となったのです。

「勘所」だけを頼りの点火時期調整でしたので、ガレージに戻り タイミングライトを使って合わせようとエンジンルームを開けてみたところ

「おや? デスビが180度反対だねぇ」とのご指摘が・・・

クランプを整形した時に 前後ろ反対に付けちゃったのかなぁ と思いながらも 外したとおりに戻したつもりだったし、第一デスビのシャフトを受ける側のオフセットが合う訳ナイ ってことで 元々 反対向きに付いていたとの結論に達し、なんだか それじゃぁねぇ と タイミングライトを使ってしっかり合わせる気も失せ、「まぁ 今 調子イイならイイジャン」と蓋をしてしまったのです。

はぁ 長くなってきたのでまたにしよ。

因みにクランプの整形は「叩く」ではなく「削る」が正解でした ↓35620060412




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ ナットク

「熱 覚めやらず」

と言うか、「冷めやらず」です。今日も38.8度・・・
ひきはじめはコッパディ東海の前日 先週の金曜日だからかれこれ1週間・・・だるい・・・

ボーーーーーーッ としながら ネットで356あたりをウロウロする。
と、とうとう発見してしまいました。

===============================

どんなに頑張っても80-85マイルあたりで頭打ちになってしまうウチのスピードスターを憂いた話をしましたが・・・・ヤハリ そんなモンだそうです。



「スピードスターは、スパルタンな姿だけでなく、たとえばクーペやカブリオレにあるリアシートを外すなど内装を簡素化した結果、クーペに対し65kgもの軽量化に成功していた。

エンジンは別にパワーアップしていなかったが、この重量差を活かし、ゼロ発進から100km/hを越えると楽々とクーペを引き離す加速ぶりを誇った。

その裏には3速と4速のギア比を低くするなど、スプリンター的な設定も効いていた。

一方、そのギア比に加え、オープンボディのため空気抵抗係数が0.428と、クーペの0,296より格段に大きかったため、最高速は140km/hより伸びなかった。」



これが発見してしまった某学習研究社刊の月刊雑誌web版にあった記述です。
イロンナ文献を読み漁りましたが、こんなドンズバな答えを見つけられるとは思いませんでした。

これを読むまでは、「オイオイ、ポルシェで140キロまでしか出ないんじゃシャレにならんぞ」と不安に駆られ 早くも嫁に内緒でチューニングローンを組む算段を企みましたが、こうして「そういうモンっすよ」と明確に言われると
「おぉ、じゃぁ今 調子イインジャン」
「ポテンシャル全開ジャン」
と喜んだりするからバカですね。

ま、実際 それ以上は怖いし・・・

ガソリン入れに行ったら リッターあたり10円も値上がりしていた (>_<)。
スタンドのオニーサンに驚きの旨を伝えると 「いやぁ、スンマセン。まだまだ上がりますんで」と言われた。ゲゲゲ !! リッター150円を超えるのか???

35620060323


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■センスがナイ

アカン、センスがナイ・・・

先週末は主治医のガレージを間借りして燃料ホースの引き直しにチャレンジ。
ガソリンを抜くってことは知っていたはずなのに、何故か満タン・・・センスがナイ。

頑張って52リッター(そこまでは入っていないが)抜こうと シュポシュポを探すと 運良く 電動ポンプ発見、ガソリンタンクに突っ込み スイッチオーン !!
って爆発するって(≧□≦) ・・・。常識もナイ・・・

(灯油ポンプ → ドクター中松が発明したって知ってた??)

根気良く手動でシュポシュポを繰り返す。

あぁ 一体全体 あとどれだけシュポシュポを繰り返せばイインだろう???
と 暗いタンク内を覗くため 懐中電灯のスイッチをオーン !!
って オォーイ!! 爆発するって言ってっだろ!! 学習能力もナイ・・・

はぁぁぁぁぁ シュポシュポ シュポシュポ・・・・・・と 単純作業をバカにしていると、オォーイ!! 溢れてるって(^^; あぁぁ バッテリーまでガソリン塗れだよぉぉ・・・

はぁ・・・

ジャッキアップしたついでにミッションオイル診ておこう と力んでドレンを外そうとするも・・・あぁぁぁぁ・・・チカラもなぁーい !!
うりゃぁ と渾身のチカラを込め 外すも 長袖なのにオイルが袖口から入り腕を走り腋まで到達・・・あぁ・・・

汚れついでだ、と車内にイナバウアー状態で潜り込み スピードメーターを外しパイロットランプを交換・・・ しようとするも あぁぁ ナットとナットがくっつき過ぎぃ 工具が入らん あxxxx ワカラン(>_<)。知恵もナーイ。

あぁぁぁ 日が暮れた・・・

要領の悪さに凹んでいるかというと、これがまた スッカラカンになったタンクを覗いてみたら 錆がコレッポッチもなくエラクキレイだったり、外したスピードメーターに「9 54」なんて刻印を見つけたりして 喜んだりしているのである。ウーム・・・


と言う訳で 今日のブログは写真もナイ。そんな余裕はナイ。ナイナイづくし。

さっ、シェイクダウンに行ってこよう えっ? 雪? 3月だよ? ・・・・運もナイ。

*ちなみに シュポシュポの正式名称は「醤油ちゅるちゅる」 センス イイ !!
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ 名人芸 ■ イイモノ見させていただきました。

酷い状態になった356のタイヤ達。もうダメ 限界 コワイ 危ない。

って事で 何を履こうか悩んでいます。

一押しはミシュランのHR。が、安くはナイ(≧□≦)。
ミシュランのHPによると、HRの制限速度は210Km、SRでも180Km。

今のところボクの356で1番気持ち良いのは○20-○40Kmあたり。それ以上は正直 怖い(>_<)。

--------------(VWに乗っていたときは135R15なんてタイヤで○40Km位で走っていたが、歳をとると根性がなくなるのか?? ホント 135だと空飛んでるみたいだった・・・)--------------

ってことはSRなら充分か? と考えるわけだが 356乗り達が薦めるHRも履いてみたい。ウーン

なんていつものように優柔不断でいると あれよあれよと週末・・・
明日 日曜日は「ツーリング」の下見。数台の356でケッコウな距離を走る予定。このタイヤじゃマズイ。
さて困った・・・

なぁーんて困っていると 吉報が届いたりする訳です(^^)。

56スピードスターのA山サン、HRタイヤお買い上げーっ。
レストアが済んだ純正ホイルに組んで ズックリ 交換。

356speedster20060304

って事で A山サンが今 履いている165サイズのRタイヤが余ってくる。
仲良しサンを介して探りを入れてもらい、貸していただける事となりました q=(^o^)=p
A山サンにとっては要らないタイヤなのだが・・・「下さい」「ちょうだい」の一言が言えない小心モノ。
でもA山サンが外したタイヤ&ホイルを そのままボクの356に履き替えればこの週末のドライブはOK バッチグー。

356speedster200603042

の はずでしたが・・・・

驚いた。

ボクの356はVWでおなじみブラジル製の「356メッキホイル」を履いていた。
そしてA山サンが今回外したホイルも同じブラジル製の「356メッキホイル」。
ロットこそ違え 打刻の位置などから同一ホイル。

なので何の疑いもなく「使える」と考えていたが、A山サンのホイルを履くとドラムに干渉することが発覚(>_<)。
まったく同じホイルなのに ビミョーに違う・・・個体差か???

ってことで余分な工賃がかかって惜しいが、今ボクが履いているメッキホイルは何故か干渉しないのでそれを使う。2台計8本のタイヤとホイルを外しはめかえることに・・・

356speedster200603041

16インチを履く55年までと15インチのそれ以降でドラムの大きさが違うってこと???

あっ、そう言えば 履こうと思ってebayで落札した純正ホイル4本が60日かけてカナダより到着。
「パーフェクトコンディション」とあったが・・・・「要レストア」だな こりゃ。
「パーフェクト」にも個体差があるのか・・・・・チッ

そうそう、なにが「名人芸」かと言うと、
先日もお伝えした はめ換えに一苦労のPreA時代のリアタイヤ、
主治医のところのZチャン、「簡単簡単」とエアーを抜くまでもなくスポッと外し、
パコッとはめた。スゴイ 名人芸。タイヤのプロショップスタッフ一同サマともども 「ほぉっ」と感嘆の声が漏れた。

と言う訳で明日はドライブ(^^)。あっ、ガソリン入れとこ。

356speedster200603043

修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(1)| トラックバック(0)

■一気に パリッと ・・・


ツーリング中 ピットストップを余儀なくされたのは2回。

1回目はコレ。

35620060301

356200603011

356200603012

サイドウォールに数ヶ所 傷があったことは前日確認していましたが、久々の高速走行の影響でしょうか? 集合場所のSAに到着した頃には 一気にコンナンなりました(・Ф・)。

夏の海水浴、焼き過ぎた3日後 カーマインローションの効果ナシ って感じです。

そんなに古いタイヤではないのですが(山は10分)、やはり使っていないと劣化するんですね。一気に パリッと ・・・。

で、ドラミに出れませんでした(^^;

朝からタイヤ交換付き合ってくれた65のN木サン、ありがとうございました。今度は時間測ろうネ。


タイヤは命を乗せている。

ところで皆サン 何 履いてます?? ミシュランXZX しか選択肢はないのでしょうか??

*ちなみに54年型だけど15インチ(>_<)。


*2回目のピットストップの話は また今度
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(8)| トラックバック(0)

■ ユーザー車検 その3


と、言う訳で 「乗車定員変更」完了です。

そうです。

4人乗りポルシェ356スピードスターの誕生です(≧□≦)。

一応 カミサンに義理を果たしたというか、順法精神というか、単に気が小さいと言うか・・・
とにかくこれでカミサンにコソコソしなくても良くなり、それはワタクシにとりましては大変めでたい事なのであります。

何せ昭和29年製造車。
事前に陸自へ相談した際 言われたことは

■シート奥行きは400ミリ以上
■シート横幅は1人380ミリ以上の座面を有す もしくは全幅800ミリ以上の「空間」があること
■シートの中央より背面と平行に測り高さが800ミリあること
■シートの前に突起物がないこと

そして

■シートベルトは不要だが、シートベルトがある場合奥行き400ミリは不要

だけでした。

あっ そう、シートベルトがあれば奥行き不問なんだ。

と一気に楽になり 「もう通ったも同然」と根拠のない安心感に浸りながらも、念のためガレージで 全高を計ってみると

ガチョーン・・・

76センチ。気分はジャンプの原田・・・(ポジティブで好きですが)

前に乗っていた55クーペのときは「奥行き」だけでしたが、
今回の54スピードスターの場合は「奥行き」プラス「全高」が引っかかります。

幌を膨らます案もでましたが、 そうなると「車高」がかわる・・・
メジャーを細工する案も出ましたが それは「犯罪」の匂いが漂う・・・

55クーペ登録の際には 座面を前にスライドし、それを受ける「庇」を設けただけでしのぎました。

35620060227

356200602271

が、今回は「全高」の問題もありシートごと作る破目に陥りました。

作ると言っても車検対策、1回使ったら終わり なので、そうそうコストもかけられまい と腹算要はありながらも、
相談相手の主治医はプロであります。作るもの1つ1つがまさに芸術品の粋。たとえ「使い捨て」とは言え、生半可なものは残せまい。

とは言われてはいませんが、主治医が施した904のエアコン!!の納まり具合など、もうグゥの音も出ないほどの美しさ。
そんな主治医が提案してくれるアイディアは「なにもそこまで!!」と二の足を踏んでしまうほど立派なモノ・・・。
そんなぁ 911のリアシートなんて恐れ多くてチョン切っちゃえませんって。

中途半端にやって 4人乗り登録できなくって、それで君はエエンカ?

とも聞かれてはいませんが、あきらかに「チャンとやろうぜ」と顔が言っている(^^; いや 自然と。

なーんて事で思い悩み作業の進まないボクを見かねてか、いつも優しいSC乗りのS山サンが、「ボクならこうするネ」とボソッと教えてくれたコレで決まり(^^)

356200602272

安易ではあるがでもケッコウ形成もし易い(イイアイディアだといまだに思うが)バスマットです。
型紙とって切って出来上がり。チョッと簡単すぎ??

356200602273

主治医に見せたところ 「フーン」と角を落としアールを整え、レールに落とし込めるよう溝を掘り・・・
あっという間に「スペシャルパーツ」の出来上がりであります。スゴイ。
レストアのためリフトアップされているポルシェ904の下でバスマットを削る主治医。
ホントありがとうございます。バスタブだけにバス関連はOKなのか??

主治医に紹介してもらった内装屋サンから それらしい端切れを頂戴し、あとは家庭内手芸。不器用なボクを見かねて、カミサンがガチャコンガチャコンとステイプラーで打ち付けて ハイ できあがり。

356200602274

今回はしなかったけど、これ、ワイヤーねじ込んで より形を整えたら製品化できるね。

「ポルシェ356スピードスター4人乗り登録構造変更キット」 誰も買わんか・・・

まっ、でも K南のNサン、できますよ 4人乗り!!

主治医ファミリーの皆サマ、優しい陸自の皆サマ、お付き合いいただいたクラブの皆サマ、そして神サマ、ありがとうございました。大事に乗ります。

356200602275


修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(1)

■ ユーザー車検 その2

もともと切羽詰らないと動かないタイプ。
中学生の頃も 「一夜漬け」ならぬ「10分前漬け」で試験前の放課に詰め込み乗り切っていた。

ので、「ユーザー車検1発合格マニュアル」といった類の本やHPも、「まぁ 行く時にまたしっかり読もう」 なんて斜め読みして 読んだ気になっていた。

「車検を受けるお膳立てが整った」と、主治医から突然連絡を受けたのは木曜日。
慌てて 仮ナンバーも借りてきた。車庫証明も取ってきた。予約も入れた 凄い事務処理能力 !! スバラシイ行動力 !! 仕事に活かせよ オイ。
(*車庫証明だけ 珍しく 余裕を持って申請していたのはラッキーだった)。
夜には自作リアシートやら、4人乗り登録に向けての対策を施しにガレージまで出掛ける。
それまで 1ヶ月以上かけてチンタラやってきた事を 僅か一夜でまとめ上げる。

「乗車定員変更」のための「構造変更」。
しかもポルシェ356スピードスターの4人乗り登録である。
プロが行ってキッチリやられるより、素人がヘコヘコ行ったほうが ハンコが貰える率が高いだろうという考えから実行する「ユーザー車検」。

対策は万全にして立ち向かうのが常だが、なにせ あれよあれよと事が進んでしまったので、もう 気持ち良いくらい 開き直れるほど何もしていない。


いざ 出発 まずは久しぶりの腹ごしらえ↓
35620060225

-----------------------------------------------------------

356200602251
到着 ドキドキ ↑

いざ突入 ↓
356200602252


スピードメーターテスト→「40キロでパッシング」

ゲッ?? テスターの上だとスピードメーターが動かない ?? ナンデ ??
クーッツ タコの回転で目論んで 3速1800rpm 「ウーン この辺」「今だぁーっ」
あれ ?? 54年、パッシングなんてでけへんゾ (>_<)
慌ててヘッドライトレバーを凄い勢いで引いて戻して・・・パシッ !!







チーン 「スピードメーター OK」と優しい青いランプが !!


-----------------------------------------------------------

ブレーキテストも「踏み過ぎもマズイ」とあったが、おりゃぁ これでどうじゃぁ と フットを踏みつけ、パーキングも引き上げる・・・







チーン 「ブレーキ OK」とマタマタ嬉しい青ランプ (>_<)。

-----------------------------------------------------------


「ハーイ、ヘッド点けて、ウインカー出してぇ、ハーイ ハザード」
えっ?? ハザード ナイよ ?? あっ なくてイイの。 あ そう。ハイ どうも
と、書類に明記してある「昭和29年製造車」をたてに乗り切る。


と 順調に進み 車検 最後の難関 下回りのチェーック。
ナンデ「難関」かと言うと・・・・
洗ってナイんですよ 単に。そりゃ 心象悪いわナ。

「心象良く」がユーザー車検の肝、基本 とあらゆるレポートにあり、重々承知していたが、錆を恐れ スチームかけるには気が引ける古さのポルシェであり、潜って洗うしかないのではあるが 時間がナイ しかも雨・・・下回りはそのまま、気分はパンツ替え忘れたまま合コンでお持ち帰りしてしまったあの夜と同じ。

「どうせ1回じゃ通してくれない」との下馬評にも半分頷いていたので、洗えぬままも「まぁイイか また来れば」と 当日を向かえ、ダメ元で検査台に向かう


と、


「おぉ キレイじゃん !!!!!」(*下の模様がTVモニターで見れます)

あぁ そう言えば ガレージに置いてあったぞ ↓
356200602253

洗っておいてくれたんだ Zチャン !!! しかも雨の中 (≧□≦) 。

もう 言う事なし !! 花丸貰って 車検合格 !!

とまぁ終わってみれば結果オーライ的なノリで合格してしまった気もするが、実は主治医のシッカリとした根拠ある整備の賜物 プラス 晴天にも恵まれ 優しい検査員氏にも巡り合え 「あぁ 神サマァ」と村主状態で感謝するのでありました。

さぁ 次は構造変更 !! 測定ブースに移動です。

つづく
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ ユーザー車検 その1

ブログ的には後先になりますが、ハイ、ナンバー取得しました (*^▽^*) 。

「24ヶ月点検を受けておくとユーザー車検時に検査員氏のウケが良い」と聞き及んでいましたので、ツーリングにでかけるタイミングに、プロに機関的に点検してもらい、安心して走ろう(なにせこの5年で1000キロしか走っていない個体)、で、その後 ジックリ4人乗り対策を施し車検 !! という企みでした。

ツーリングから逆算し、24ヶ月点検に出し、自賠責に加入する日や 仮ナンバーを借りる日取りを決め、点検から356が戻る日を待っていた訳ですが・・・





連絡が来ない・・・


主治医から 「ブレーキ回りと電気回りにマイナートラブル発見」 と、24ヶ月点検の中間報告は受けておりましたが、その修復にかかる時間としては長すぎる・・・ウーン 気になる。

気になるものの せかしてもナンダし、まぁ連絡を待つか と、
ツーリング当日 何 着て行こうか? なんて呑気にブログを更新したりしていましたが、

日曜日のツーリングには タイムリミットか?? という木曜日に

あんたぁ ナニヤットルのぉ 早よ 取りにこなイカンがねぇ」と着信アリ。

聞けば とっくにマイナートラブルは解決し、ヘッドライトの照度をあげたり光軸をあわせたり、リアシートベルト !! をつけるためのアンカーまで溶接済みとのこと。
つまりはイツでも車検を受けられる状態 !!


えっ?? 車検 ??


「週末のツーリングは仮ナンバーで行きます」
と伝えてはあったのですが、ツーリングには友人も同乗していく話もしており、つまり主治医的には 仮ナンバーでコ・ドライバーを乗せて走るのは拙いわけ(一応 法律違反)で、「ツーリングまでに車検を取るつもりなんだろう この356のオーナーは。」と思い込み 作業に打ち込んでくださったらしい。

と言う訳で 904のレストアもそっちのけで、連日連夜 週末のツーリングに向け調整してくださった訳ですから、
「えぇ?? そんな急に言われても イキナリ車検なんて行けませんよぉ」
なんて言えるわけもなく、仕事も家庭も捨て、陸運局へ向かったのでした。

勝負は金曜日1日だけ。土曜日もやってよぉ 陸自ィ


35620060224
↑決戦 前日。

つづく




修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ リアシート


「スピードスターに乗って、家族みんなで出かけよう!!」

なーんて口説いて、半ば強引に買ったスピードスターなだけに、
なんとしてでも4人乗り登録をせねばマズイ訳でして・・・

あらゆる文献をあさってみたものの、
ポルシェ356スピードスターを4人乗り登録するノウハウなんてモンは見当たらず(あたりまえか)、
もう出たとこ勝負で行くかぁ! と、
手っ取り早く56クーペ乗りの友人から背もたれの部分を借りました。
これを取り付ければOK !! なんてほくそ笑んでいましたが、
アラ クーペとスピードスターじゃシャシ形状違うのね・・・

こうなったら1つシートを作るしかないのですが、
偶然とはいえ、この友人のシート、素材も色もそしてヤレ具合も、
ウチのスピードスターにピッタリ!!!

35620060124

しかも ホーンの僅かな加工で取り付けられるだけに、
なぁーんとか、コレを生かせないかなぁ と、楽したい気持ちも手伝い、シート作りに踏み込めません・・・・

356200601241

ステイ曲げちゃダメだよね アニキィ・・・





修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)

■ 放置プレイ <サイドウインドウ>


衝動買い度はイカほどであったかと言うと、
ポルシェ356スピードスターにはサイドウインドウがナイ !!
ってことを買ってから思い出すくらいのアホさ加減です。

気持ちイイくらいの潔さですが、
夏は暑い 冬は寒い 大雨も大雪も降る日本でスピードスターに乗る行為は、
マゾに近いものもあるのではないでしょうか・・・*(全国のSS乗りの皆サマ ゴメンナサイ)

屋根ナシで楽しむことを前提に作ったであろうクルマですから、
幌があること自体「邪道」なのかもしれませんが、
ポルシェサマのお情けか販売戦略の一環かは知りませんが、
幌とその場凌ぎ用のサイドウインドウはある訳です。

あろうがなかろうが「屋根ナシ」で走らぬことには
「根性ナシ」と叱られそうですが、
ひ弱なボクは有事に備えてサイドウインドウはいつも積んでおこう(コッソリ)。

が、

この「お凌ぎウインドウ」、使ってみてビックリ。その視認性のナサ・・・


35620060123


356200601231


ウーム・・・ホントに「晴れ」の日しか乗れないのか・・・

てな事を悩みながら、作業は進まず、
クルマは主治医のガレージに置きっはなしです。
梅雨が来る前には登録しなきゃ。
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

■ パイプカット ? <ステアリングシャフト>


この356をはじめて見たときから気になっていたこのステアリング・・・

35620060121

なんでも、前のオーナーサンは大男だったそうで、
356のノーマルのステアリングホイル(かなり大径)のままだと腿肉が干渉してしまい、曲がりたいときに曲がれなくなることを恐れ、このレカラ(小径)に換えたそうです。

せっかくノーマルのステアリングもありますので、さっそく元に戻してみました。

35620060121

「ウーン、カッコウイイ、シックリくる」と1枚記念写真を撮って
感慨深げに+ニヤついてハンドルを握ってみると、

ありゃ !?

指がダッシュパネルに当たるではありませんか ???

小径のレカラに換えたまでは良かったのですが、
ボスを装着した分、ステアリングの位置が手前に出てしまったために、
結局は運転し辛く、対策としてステアリングシャフトを切っちゃった。
と言っていたのを思い出し 蒼くなりました。

356200601211

クリアランスは10mm弱。

細くて美しいと言われる(言われない)ボクの指でギリギリ。
ハンドルを切るたびに擦れて 皮が剥けそうです(>_<)。

指痩せするしかないかと 一瞬決意しかけましたが、
寒そうなこの屋根ナシグルマをドライブするにはグラブは必須で、
そうなるともうアウトです。アウト アウト ア・ウ・トォ !!

ウーン 「送りハンドル」でコーナー攻めるか・・・
修理日記 | 投稿者 356 03:56 | コメント(4)| トラックバック(0)
<<  2011年 5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
My 356 Speedster
GGW
PORCHE 356 Club
356 Registry
夢野忠則のクルマ馬鹿で結構!
「世界からあなたの腕へ」
coronne
オーセンティックBAR マノット
ホビダス[趣味の総合サイト]